夜景(星)・夕景の写真教室

  • :撮影実習
  • :座学
  • :初心者にオススメ

《ほとんど歩かない》秋津神社祭礼で行われる男が演じる炎の祭典「手筒花火」を最前列で撮影します。【どんな場所か】 ○ 手筒花火は、秋津神社に隣接する三谷小学校のグランドで実施します。 【こんな方におすすめ】 ○静止したものの撮影から、動くものを止めて撮影します ○ コンテスト作品にはうってつけです 【講師からのメッセージ】 手筒花火はシャッター速度が1秒〜1/500秒の間を使い分けて撮影する必要があります。愛知では避けられない素晴らしい伝統芸能。手筒花火は三河各地で沢山開催されますが、長年の交流を経て地元の了解を得て特等席で撮影できるチャンスはまず無いと思います。勉強するには最高の機会です。昨年再度開催の声に応えて開催します。

《よく歩く》作品講評・講義・撮影実習でステップアップ。 2万本のろうそくの炎が揺れる幻想的な奈良の夜景を撮影。【どんな場所か】 ○ 奈良公園一帯がろうそくの炎で埋め尽くされます。○ 大仏殿に続く広大な春日野園地・水面に揺れる灯りが美しい浮見堂など【こんな方におすすめ】 ○暑い夏、夜景の写真を楽しみたい方  ○夜景写真の撮り方を知りたい方  【講師からのメッセージ】 講座内容「失敗しない『手持ち夜景』の撮影テクニック」 三脚禁止のイベントで夜景を撮る方法をわかりやすくお伝えします。

《よく歩く》夜間の暗闇とライトアップされた景色とのコントラストが写真に美しい表現を与えてくれます【どんな場所か】 ○ 動物や植物を観察しながら自然の豊かさを体感することができます ○ 自然、レクリエーション、文化を一体化させた魅力的なスポットです 【こんな方におすすめ】 ○ 色とりどりの植物がライトアップされた幻想的な雰囲気を撮影されたい方 ○ 水晶宮とも謳われた透き通るような外観の温室を撮影されたい方 〇 暗闇の中で動物の生態を撮影されたい方 【講師からのメッセージ】昼間とは異なる独自のアングルや構図で、新たな視点から動植物園を写真に収めることができます

《長時間歩く》若松と戸畑をつなぐレトロな若戸大橋・渡船場を夕暮れのマジックアワーに撮影します。【どんな場所か】映画のロケ地としても使われる昭和レトロ感あふれる北九州の戸畑・若松エリアで若戸大橋の夕景撮影に挑戦します。若戸大橋は2022年2月に国の重要文化財指定されました。 【こんな方におすすめ】 ○ レトロ感のある町の景色の好きな方 ○ 写真の明るさや色の調整方法を勉強したい方 【当日のお持物】 カメラ・標準ズームレンズ・広角レンズ・ソフトフィルター(お持ちの方)・三脚は任意 【講師からのメッセージ】 北九州のランドマークのひとつ若戸大橋を撮影します。徐々に日が暮れて明るさや色味が変わる景色をじっくりと撮影しましょう。若戸渡船に乗って戸畑・若松間を移動し撮影ポイントを回ります。

《ほとんど歩かない》湘南の海の夕景、江の島・富士山に月と金星が寄り添います。そんな絶景をねらってみませんか。【どんな場所か】 〇 「かながわの景勝50選」の立石公園。海に突き出た岩、  遠くに江の島・富士山が望めます。 ○ 日の入後、紅く染まる空に月+金星が光ります。 【こんな方におすすめ】 ○ 天体を加えた一味違った夕景、星景写真を撮りたい方  【講師からのメッセージ】 暑さもやわらいだ湘南の海で、贅沢な役者がそろうロマンティックな絶景を撮りましょう。

特別企画(4月から9月まで開催分に参加された方対象)講評会(9月末)と写真展(11月10日から14日)にご参加いただけます。《あまり歩かない》昼間とは違う幻想的な金属の輝きや造形美を印象的に、どのように描くかをアドバイスします。【どんな場所か】 ○ 都心から最も近い工場夜景スポット【こんな方におすすめ】 ○ 夜景、特に工場夜景に興味ある方 ○ 夜景撮影のイロハを知りたい方 【講師からのメッセージ】 暗闇のなかに浮かぶ金属の塊、工場夜景。その魅惑的な光景を幻想的に描写してみましょう。※写真展は別料金(講評会と写真展セットで10,000円)となります

《あまり歩かない》南海堺駅に集合。撮影ポイントに移動後、太陽の位置を工夫し夕景を背景に灯台を撮影します。【どんな場所か】  明治10年に建設された木造の灯台があります。 南海堺駅の西1キロのところにあり移築せずに現存する灯台では最古のもののひとつです。 【こんな方におすすめ】 〇初秋に夕景写真をとりたい方 〇 レトロな被写体が好きな方 【講師からのメッセージ】 過去には夏・冬に撮影会を開催した場所です。今回は季節を90度入れ替えての撮影会になります。日が沈むまでは夏の夕景を背景に灯台をシルエットで撮影、日の入り後は灯のともっつた灯台をマジックアワーにねらいます。

《あまり歩かない》国宝瑠璃光寺五重塔のある香山公園で、約2500個ものキャンドルが演出する幻想的な風景を撮影します。ゆらめく灯りを楽しみましょう。【どんな場所か】 国宝瑠璃光寺五重塔のある香山公園の散策路に、約2500個のキャンドルライトが灯され、幻想的な雰囲気が演出されます 【こんな方におすすめ】 ○ カメラを購入して間もない方 ○ 夜の撮影が苦手な方 ○ ライトアップを上手に撮影したい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズームレンズ、望遠ズームレンズ)、三脚、レリーズ 【講師からのメッセージ】 三脚で気軽に撮影できます。 被写体選び・夜・灯ろう撮影のカメラの設定をお伝えしますのでお気軽に撮影を楽しみましょう。

《あまり歩かない》柳都大橋から万代橋(信濃川)の 新潟夕景・夜景を撮影します。光跡撮影にもチャレンジします【どんな場所か】 ○ 新潟市中央区 信濃川下流、萬代橋、柳都大橋付近 〇橋のアーチやオレンジ色のランプの灯りが見ごたえのある夜景スポットです 【こんな方におすすめ】 ○ 夕景、夜景撮影が初めての方 ○ 光跡撮影にもチャレンジしたい方 ○ 夕景・夜景のカメラ設定方法が学べます 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズームレンズ)三脚、NDフイルター(あれば) 【講師からのメッセージ】 夕景、夜景撮影の楽しさをお伝えします!ブルーモーメント(薄暮撮影)も楽しみましょう。

《ほとんど歩かない》都心を見下ろせるビルの中から夜景をきれいに撮影する方法をお伝えします。【どんな場所か】 ○ 地上142mの高さから梅田を中心とした都心周辺を見下ろすことができます ○ 最上階の33階と32階の東西、計4ヶ所に  180度全体に広がる展望窓がある無料の展望台です  【こんな方におすすめ】 ○ 夜景の撮り方を学びたい方 ○ 自分がガラスにうつらない方法を知りたい方 ○ 夜景が好きな方  【講師からのメッセージ】 天気が良ければ夜景に至る前の夕景も撮りましょう。 大阪の豪華な夜景を楽しみましょう。※画像はイメージです

《ほとんど歩かない》歩道橋の上から、車の光跡や都電荒川線を長秒露光(バルブ撮影)で撮影します。【どんな場所か】 ○王子駅近くの歩道橋上から撮影 【こんな方におすすめ】 〇光跡を撮ってみたい方 〇夜景の好きな方 【講師からのメッセージ】 夜の光跡撮影となりますので、露出はM(マニュアルモード)、シャッター速度はB(バルブ)に設定します。事前に設定を練習していただけると当日の撮影がスムースに運びます。また、現地にトイレはありませんので王子駅で済ませていただくようお願いします。

《ほとんど歩かない》人の目には見えない夜の光跡撮影。幻想的な1枚に仕上げるポイントをお伝えします。【どんな場所か】 ○ 佃島が眺望できる ○ 隅田川にかかる大橋 ○ 屋形船の往来は銀座通りなみ 【こんな方におすすめ】 ○ 夜景・光跡撮影に興味のある方 ○ 光跡撮影のイロハを知りたい方 【講師からのメッセージ】屋形船の光跡は、スローシャッターの醍醐味のひとつ。撮影後に比較明合成で処理すれば幻想的・印象的な作品に仕上がります。比較明合成がはじめての方にはレジュメで比較明合成の方法・手順をお伝えします。

《あまり歩かない》岐阜城にかかる満月。壮大な風景を撮ってみませんか。【どんな場所か】 ○ 岐阜長良川の右岸堤防になります ○ 一般の撮影の方もみえますので混雑します【こんな方におすすめ】 ○ 一味違った写真を撮りたい方 ○素晴らしい写真を撮りたい方  【講師からのメッセージ】 岐阜城に満月。この至高の組み合わせを撮ってみませんか。天候等に恵まれ、その場所に居合わせれば撮れます。一度挑戦してみませんか。

《ほとんど歩かない》レトロ感あふれる博多タワーや港を行き交う連絡船を、秋の夕景を背景に撮影します。【どんな場所か】 大阪の通天閣・博多ポートタワー・別府タワーといえば知る人ぞ知る「タワー3兄弟」。海の玄関口、連絡船が行きかう博多ふ頭。 【こんな方におすすめ】 〇港景色や海の好きな方 〇シャッター・ホワイトバランスについて学びたい方 【当日のお持物】 カメラ及びレンズ一式・三脚・NDフィルター(お持ちの方のみ) 【講師からのメッセージ】 空気が澄んでいて夕景がきれいな季節です。時間とともに変化する港景色とじっくり向かい合ってみませんか?ホワイトバランスやシャッター速度の変化で作品のバリエーションがふやせます。

《ほとんど歩かない》行き交う船の撮影後、遠くにある明石海峡大橋を探しながら夕景の撮影をします。【どんな場所か】 大阪ベイエリアのかでは遠景まで見渡せる一番の夕景撮影スポットです。よく探せば明石海峡大橋も見えます。 【こんな方におすすめ】 ○ 奥行きのある夕景撮影に挑戦したい方 ○ 船の撮影がしたい方 ○ 非現実的な夕景に挑戦したい方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ・ND/ソフトフィルター(お持ちの方) 【講師からのメッセージ】10月のこのころは明石海峡大橋に夕日が絡みます。行き交う船を点景で使いながら秋の夕日を撮影しましょう。

《よく歩く》ライトアップされた橋は優雅の一言。個性の異なる姿を堪能しながらの撮影も一興です【どんな場所か】 ○ 江戸情緒を感じる隅田川に架かる橋にライトが点灯すると、   姿が一変した美しさが出現 ○ 吾妻橋から歩き初め、駒形橋、さくら橋などそれぞれに魅力ある橋が楽しめます 【こんな方におすすめ】 ○ 日没前後の空の色の変容に合わせて情景の魅力を捉えてみたい方 ○ ライトアップされた夜景の橋の姿を捉えてみたい方 【講師からのメッセージ】 初心者の方にも撮影の仕方の基本から分かりやすく説明します。カメラ操作のコツを掴んで自分流アレンジ写真を楽しみましょう。

《長時間歩く》ゲートブリッジと富士山のコラボが撮れる絶好の場所で、夜景や飛行機の光跡や星、夕景を撮影します。【どんな場所か】ゲートブリッジのたもとにあり、天気が良ければ、富士山が見えて、富士山とゲートブリッジとのコラボレーションが撮れます。 【こんな方におすすめ】 ○ 初心者の方 ○ 夜景や光跡を撮るのが好きな方 ○ 被写体の発見と出会いを体験したい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(広角から望遠まで)、三脚必須 【講師からのメッセージ】 若洲海浜公園はゲートブリッジのたもとにあり、私が好きな撮影場所です。都会の中でも意外な発見と出会いができ、夜景や飛行機などの光跡を撮るにはいい場所といえます。 ※今までに撮った(撮影場所は問わない)写真作品を2Lで5枚以内持参していただければ、撮影の合間に講評いたします。

《よく歩く》夕暮れの中之島を散策しながらの夕暮れスナップ。国際会議場〜中之島図書館まで歩きます。【どんな場所か】 国際会議場から大川沿いに歩きながら、夕日を背景にして色で華やぐ水の都の撮影を楽しめます。 【こんな方におすすめ】 〇都会の夕景撮影に興味がある方 〇シルエット撮影に挑戦したい方 〇フィルターアクセサリーの使い方を学びたい方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ・フィルターアクセサリー(お持ちの方)・三脚不要 【講師からのメッセージ】夕焼野のきれいな季節になりました。秋の夜長に町歩き、堂島界隈のビル群の夕暮れスナップを楽しみましょう。

《あまり歩かない》岐阜城にかかる満月。壮大な風景を撮ってみませんか。【どんな場所か】 ○ 岐阜長良川の右岸堤防になります ○ 一般の撮影の方もみえますので大混雑する場合があります 【こんな方におすすめ】 ○ 一味違った写真を撮りたい方 ○ 素晴らしい写真を撮りたい方  【講師からのメッセージ】 岐阜城に満月。この至高の組み合わせを撮ってみませんか。天候等に恵まれ、その場所に居合わせれば撮れます。一度挑戦してみませんか。 今回は10月の続き2回目の開講です。前回うまく撮れなかった方は再チャレンジです。

《ほとんど歩かない》夕方の門司港レトロを散策後、マジックアワーに門司港駅舎を撮影します。【どんな場所か】 門司港駅は九州東の終着駅。界隈にはレンガ作りの建物やレトロな洋館が移築されています。 【こんな方におすすめ】 ○ レトロな雰囲気の中で撮影したい方 ○ 夕暮れスナップを楽しみたい方 ○ 気楽に門司港レトロ界隈を散策したい方 【当日のお持物】 カメラ・標準ズーム・ソフトフィルター/NDフィルター(お持ちの方) 【講師からのメッセージ】 春や夏とは違い、秋から冬にかけては黄砂や湿度の影響もなくとても空気が澄んでいます。透明感を肌で感じることのできる立冬直前の夕暮れに門司港レトロをスナップ撮影します。

《よく歩く》夜間にライトアップされる神戸大橋をフォトジェニックに撮影しましょう【どんな場所か】 〇 日本初のダブルデッキアーチ型鋼橋 ○ 夜間にライトアップされる赤い橋梁はフォトジェニックです 【こんな方におすすめ】 ○ 夜景の撮り方を学びたい方 ○ 夜間の一人撮影が心細い方 【講師からのメッセージ】夜景は撮りたいけど一人では心細い、そんな女子でも皆となら安心です。海の傍の公園ならではの美を楽しみましょう。※画像はイメージです

《よく歩く》前半は銀杏の黄葉と都電を撮影し、その後細川邸庭園に移動し紅葉ライトアップを撮影します。【どんな場所か】 橋の上から都電と銀杏並木が撮影可能な場所です。後半の細川邸庭園は紅葉ライトアップが幻想的です。  【こんな方におすすめ】 〇都電荒川線の好きな方 〇紅葉のライトアップを撮ってみたい方  【講師からのメッセージ】 後半の細川邸は三脚が使えないので手持ち撮影となります。ISO感度やシャッター速度を自由に操作できるよう事前に練習いただくと撮影がスムースに進みます。

《あまり歩かない》都心ではなかなか撮れない星景(光跡写真)を、光の少ない湾岸でねらいます。【どんな場所か】 ○ 東京ゲートブリッジの東端にある公園です ○ 東京湾側は光害が少なく、星の光跡が撮れます 【こんな方におすすめ】 ○ 星の光跡写真をマスターしたい方  ○ 湾岸の夕景・夜景を撮りたい方 【講師からのメッセージ】 当日の日の入りは16:28、風向き次第では羽田空港に離着陸する飛行機の光跡もねらえます

《ほとんど歩かない》澄んだ空気の中、名古屋駅のビル群のマジックアワーから夜景をねらってみませんか。【どんな場所か】 〇 広域避難場所に指定された都会の中の公園です ○ ビル群まで遮るものがない絶好のポイントです【こんな方におすすめ】 ○ 夜景撮影が初めての方 ○ 今後夜景撮影を始めてみたい方 【講師からのメッセージ】 名古屋にこんなところがと再認識させてくれる場所です。ご自分でアングルを変えて挑戦してみてください。大事なことは何をどのように撮りたいかです。作画意思が試されます。おそらく寒いと思いますので防寒対策をお願いいたします。