街歩き・散歩・スナップの写真教室

  • :撮影実習
  • :座学
  • :初心者にオススメ

《よく歩く》新スポット麻布台ヒルズを探索。印象的にカッコよく切り撮ってみよう。【どんな場所か】 ○ 近代的で独特な形・デザインを合わせ持つ外眼 ○ 街全体がミュージアムでいたるところにアートを楽しむ豊かさがあります ○ コンセプトは緑に包まれ人と人をつなぐ広場のような街 〇 オフィス・レジデンス、ホテルやショップ、ミュージアムなど     多数の商業施設が集まったコンパクトシティ【こんな方におすすめ】 ○ 独特な建物・街の外観や内観を上手く切り撮りたい方 ○ 麻布台ヒルズを印象的でカッコイイスナップ写真に仕上げたい方 ○ 新スポット麻布台ヒルズを見てみたい方【当日のお持物】 カメラ・広角~標準ズームレンズ(24mm-200mm位) ※超広角系レンズ(15mm-24mmフルサイズ換算)があると更に表現が広がります。【講師からのメッセージ】麻布台ヒルズでその建物のカッコイイ写真を撮るためのテクニックをお伝えします。

《あまり歩かない》梅田スカイビルやみどり豊かな庭園などをポジションやアングルを変えながら撮影します。【どんな場所か】 ビルの真ん中に生まれた緑豊かな鎮守の森。 四季の草花が咲き乱れる日本の原風景里山。ビルの狭間でありながら、自然豊かな営みが感じられます。  【こんな方におすすめ】 ○ 「なにを!どう撮る?」で悩んでいる方 ○ 「シャッターを押せば綺麗に撮れる」でも、    ひと味違う写真を目指す方 【講師からのメッセージ】 「明るく・楽しく・気持ちよく」一緒にカメラ散歩を楽しみましょう。

《よく歩く》門司港から渡船に乗り海の上から関門海峡を撮影下関で唐戸市場を散策します【どんな場所か】 下関唐戸市場周辺は、門司港レトロと並ぶ関門海峡の観光スポットです。渡船に乗って移動するので旅行気分で撮影を楽しめます。新鮮なお魚のお寿司屋さんがたくさんあり多くの人が海の幸を楽しんでいます。 【こんな方におすすめ】 ○ 船の写真が好きな方 ○ 旅行気分を味わいたい方 ○ 市場の写真を撮りたい方 【当日のお持物】 カメラ・標準レンズ 【講師からのメッセージ】 九州の玄関口、関門海峡は毎日たくさんの船が行き交う名所です。昭和が残る市場は、面白い被写体です。

《よく歩く》JR京橋駅に集合して京街道の繁華街を散策します。夕暮れスナップ撮影会です。【どんな場所か】北が梅田、南が難波とくれば、東の繁華街は京橋です。電車乗り継ぎのついでに「ちょっと寄って行こか?」この沿線を利用されている方にはよくある話。 【こんな方におすすめ】 ○ 夕景・夜景の町歩きをしたい方 ○ 普段とは違う時間帯に撮影したい方 ○ 繁華街の雰囲気が好きな方 【講師からのメッセージ】 可能な限り夕暮れスナップ撮影を中心に撮影会をします。いつもだと足早に家路につく時間帯を贅沢に使い、カメラを手に歩けば、見落としていた景色が見つかるかもしれません。

《よく歩く》Ginzaの夏を感じて印象的にカッコよく 切り撮ってみよう【どんな場所か】 ○ 言わずと知れた東京を代表とする高級商業地と繁華街エリア ○ 銀座4丁目交差点を中心とした海外のハイブランドの旗艦店や  高級クラブ、百貨店、最近ではファストファッションや  ファストフードなども混在する街 【こんな方におすすめ】 ○ 銀座の街をどう撮ったらカッコ良いか分からない方 ○ 銀座の街のおススメの被写体・撮影ポイントを知りたい方 ○ 季節感を表現する写真を撮りたい方 【当日のお持物】 カメラ・広角〜標準ズームレンズ(24mm-70mm or 105mm) ※超広角系(15-24mm相当)や望遠系(100-200mm)がある方は 更に表現が広がります【講師からのメッセージ】銀座の夏を、自分が感じたイメージを、自分ならではの表現で一枚の写真に込めましょう♪  夏の銀座の切り取り方をお伝えします。

《長時間歩く》乗り物を移動手段ではなく、素敵な被写体に変貌させましょう。チャンスの捉え方、構図、設定などを習得できます。【どんな場所か】 ○ 未来都市のような東京湾のウォータフロントを走る  ゆりかもめ沿線での撮影【こんな方におすすめ】 ○ 動く被写体の撮影に挑戦してみたい方 ○ 乗り物撮影で、更なる気づきを得たい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズームレンズ、望遠ズームレンズ) 【講師からのメッセージ】 乗り物を被写体と考えていなかった方も挑戦してみてください。 きっと病みつきになると思います 日頃は動く被写体を撮影している方にも、新たな発見をお伝えします

《あまり歩かない》天保山周辺を散策しながら大阪港の夏の日暮れをスナップ撮影します。【どんな場所か】 港区にある天保山は大阪市内を流れる安治川と大阪湾までの河口付近にあります。近くには、天保山ハーバービレッジや大観覧車などがあります。  【こんな方におすすめ】 ○ 港の景色、日暮れの撮影が好きな方  【講師からのメッセージ】 カメラが初めての方、撮影会にはじめて参加される方、「なにをどう」撮ったらいいのかお悩みの方、まず一歩からはじめてみませんか。一緒に撮影を楽しみましょう!

《よく歩く》十三の商店街周辺を散策。日没頃に十三大橋から梅田のビル群を撮影します【どんな場所か】淀川の河口から13番目の船着き場があったことが、十三という地名の由来です。運河を利用して昔から人が集まり繁華街ができ上がりました。【こんな方におすすめ】○ 夕景・夜景の町歩きをしたい方○ 梅田のビル群の夕景を撮影したい方○ 繁華街の雰囲気が好きな方【講師からのメッセージ】可能な限り夕暮れスナップ撮影を中心に撮影会をします。いつもだと足早に家路につく時間帯を贅沢に使い、カメラを手に歩けば、見落としていた景色が見つかるかもしれません。

《よく歩く》セレクトショップで賑わう表参道のマネキンを被写体に、街フォト散歩しましょう。【どんな場所か】 ○ セレクトショップで賑わう表参道 ○ ショーウィンドウに明かりがあるので撮影しやすい 【こんな方におすすめ】 ○ 夜一人で撮影するのが苦手な方 ○ 平日の夜に時間が空いている方 【講師からのメッセージ】 セレクトショップで賑わう表参道、大人世代でも足を運びやすいオシャレな都会の街でスナップ撮影をします。お店は閉店後もショーウィンドウに明かりがあるので撮影しやすい環境です。ご参加される方は、終了時間が遅くなるので、必ず終電時間のチェックを事前にお願いいたします。

《ほとんど歩かない》情緒ある駅前の商店街やレトロ感を撮影。その後に有名な工場夜景を撮影します。【どんな場所か】 徳山駅周辺の街歩き、キラキラの工場夜景を撮影します。 【こんな方におすすめ】 ○ カメラを購入して間もない方 ○ スナップ撮影が苦手な方 ○ 工場夜景を上手に撮影したい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズームレンズ、望遠ズームレンズ)、三脚、レリーズ 【講師からのメッセージ】 レトロ感や三脚で夕刻のブルーアワー、工場夜景撮影ができます。 被写体選び・夜撮影のカメラの設定をお伝えしますのでお気軽に撮影を楽しみましょう。

《あまり歩かない》ライトアップされて幻想的な夕暮れの柳川。日暮れから、どんこ舟に乗って町中の掘割を巡り、船にも乗って撮影します。【どんな場所か】 柳川川下り、夏季限定の灯り舟は約4km、70分のクルーズ。昼間のお堀巡りとは異なる風情があります 【こんな方におすすめ】 ○ カメラを購入して間もない方 ○ 夜の撮影が苦手な方 ○ 上手に撮影したい方 【当日のお持物】カメラ、レンズ(標準ズームレンズ、望遠ズームレンズ)、三脚、レリーズ 【講師からのメッセージ】 手持ちで夕刻のブルーアワーから撮影できます。 被写体選び・夜撮影のカメラの設定をお伝えしますのでお気軽に撮影を楽しみましょう

《よく歩く》大阪難波を夕景から夜景までスナップします。ハデな看板やネオンがある風景を楽しみましょう。【どんな場所か】 〇観光客で賑わう道頓堀周辺 ○巨大看板やネオンが目を引きます  【こんな方におすすめ】 ○スナップ撮影がお好きな方  ○ コンテスト作品を作りたい方 【講師からのメッセージ】 繁華街の夜を一人でスナップするのは気後れするものです。みんなでミナミの夜をスナップしましょう。巨大看板やネオンも撮り方次第でアートになります。

《ほとんど歩かない》前半はアメリカ村を蛇行しながら移動してポイントを確認。日没後は撮影チャンスをねらいます。【どんな場所か】 アメリカ村は関西でも独特のファッションセンスにあふれてた街。  眠らない若者の集うエネルギッシュなところです。 【こんな方におすすめ】 〇Z世代の若者の文化圏をのぞいてみたい方 〇夕暮れに街を散策したい方  【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズームレンズ)、ソフトフィルター 【講師からのメッセージ】 常に若い世代に指示されておる大阪のインディーズエリアがアメリカ村です。混沌とした不思議な世界ですが、この「よくわからないところ」がアメリカ村の魅力なんだと思います。

《よく歩く》混雑とは無縁の公園で、いろいろな被写体をじっくり撮影できます。ゆりかもめ(鉄道)も撮影します。【どんな場所か】 ○ 古くからある港ですが、再開発で、公園と港が一体化した眺望豊かな場所 ○ 特に海に面した「プロムナードデッキ」は、ゆりかもめ、レインボーブリッジ、   勝鬨橋 様々な船もゆっくり撮影することが出来ます 【こんな方におすすめ】 ○ 散策を楽しみながら、被写体の探し方を知りたい方 ○ カメラの使い方・表現方法を広げ 更に素敵な一枚をゲットしたい方  【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズーム、望遠ズーム) 【講師からのメッセージ】  ゆりかもめの撮影も行いますので、鉄道ファンの方も是非ご参加ください

《あまり歩かない》夕暮れの美観地区を散策します。【どんな場所か】  伝統的な建物が作り出す街並みや倉敷川沿いのレトロモダンな風景が広がるエリア。 【こんな方におすすめ】  〇街中スナップ撮影の初心者向けワンポイントが知りたい方  〇夕方から夜への撮影のアプローチ方法を学びたい方  【講師からのメッセージ】  地元写真家でもある講師が、倉敷秋の美観地区を穴場ポイントはもちろん、 観光客が居なくなる夕景?夜景を撮影します。

《あまり歩かない》歴史的建造物が多く残されている覚王山で、往時の雰囲気を感じながらあらたな発見をしましょう【どんな場所か】 〇 心の迷いを祓ってくれるパワースポットと言われる日泰寺。  ○ 揚輝荘は、大正から昭和初期の名古屋の郊外別荘の代表作です。  【こんな方におすすめ】 ○ 自然美や、歴史的な背景を感じながら撮影をしたい方 ○ 日泰寺は、タイとの関係が深く、敷地内に立つ、異国情緒を  感じながら撮影をしたい方 【講師からのメッセージ】 この地に残る文化的建造物など、昔からのものと新しいものがミックスされたおもしろさを楽しみながら撮影できます。

《よく歩く》神戸の北野界隈の街並みを散策しながらおしゃれなスナップ撮影のコツを学べます。【どんな場所か】 ○神戸トアロードから北野坂、異人館界隈への道は、おしゃれな雰囲気の通りでとてもフォトジェニック【こんな方におすすめ】 ○おしゃれな街並みスナップを撮りたい方  ○スナップ撮影のコツを学びたい方 【講師からのメッセージ】 神戸のおしゃれスポットを散策しながら、個性溢れる写真を切り取ってみませんか?

《よく歩く》二上山付近で彼岸花を撮影します。絞り、露出設定の変化であなただけの情景を写しましょう。【どんな場所か】 ○ 中将姫伝説、日本書紀に書かれた天覧相撲の場所 ○ 二上山登山口、道の駅ふたかみパークがあります 【こんな方におすすめ】 ○ スナップ撮影に興味のある方 ○ 絞り、露出設定を学びたい方 【講師からのメッセージ】 カメラが初めての方、撮影会に初めて参加される方、「なにをどう」撮ったらいいのかお悩みの方、まず一歩からはじめてみませんか。一緒に撮影を楽しみましょう!※撮影地まで本数が少ないバスで移動します。  集合時間に間に合うようにお願いいたします。

《よく歩く》作品講評・講義・撮影実習でステップアップ。 巨大モニュメントの鉄人28号の魅力を引き出します。【どんな場所か】 阪神淡路大震災によって、神戸市長田区の商店街周辺は、壊滅的な打撃を受けました。そこに、復興のシンボルとして、鉄人28号のモニュメントが建設されています。今回はこの周辺で撮影します。 【こんな方におすすめ】 〇街歩き、街スナップを楽しみたい方 〇基本的な知識や撮影の仕方をもっと、知りたいと感じている方 【講師からのメッセージ】 講座内容「構図で引き出す被写体の魅力」 作品講評と講座のあと震災と復興の記憶を刻んだ街へ出かけます。

《長時間歩く》「歴史の小径」散策路のゴール旧秋元別邸に咲く彼岸花を撮影します。【どんな場所か】 〇 「歴史の小径」は、歴史的構造物を繋ぐ散策路 ○ ゴール旧秋元別邸には、彼岸花が咲いています 【こんな方におすすめ】 ○ 歴史的構造物がお好きな方 ○ 彼岸花の撮影がしたい方 【講師からのメッセージ】 見頃の時期は、例年通りであれば9月中旬?9月下旬ごろ(ただし、去年は遅かったようです。)もし、見頃でなかった場合は、歴史的構造物と街フォトをお楽しみ頂ければと存じます。予めご理解いただき、ご参加お願い致します。

《よく歩く》作品講評・講義・撮影実習でステップアップ。奈良の古い街並みをモノクロ表現でフォトスケッチ。【どんな場所か】○ 最近注目されてきた奈良の古い街並み ○ 近代建築やレトロ感あふれる空間が特徴です。【こんな方におすすめ】 ○ 座学で学んで即実践し自分の写真をステップアップさせたい方 ○ ならまちとは違った古い街並みをモノクロで表現してみたい方 【講師からのメッセージ】 講座の内容「モノクロ表現の楽しみ方」 奈良きたまちは様々な時代の見どころを味わえるフォトスポットです。一緒に歩いてみませんか。

《長時間歩く》綾瀬川沿いに美しい松並木が広がります。二つの太鼓橋を中心にフォト散歩します。【どんな場所か】 ○ 江戸時代から日光街道の名所となった並木道 ○ 二つの太鼓橋「百代橋」と「矢立橋」がシンボル 【こんな方におすすめ】 ○ レトロスポットに訪れたい方 ○ スナップ撮影したい方 【講師からのメッセージ】 松尾芭蕉の記した「奥の細道」にちなんで名付けられた二つの太鼓橋「百代橋」と「矢立橋」は、草加市のシンボルとなっています。大きな橋で階段も多いですが、橋の下には横断歩道もありますので、足元に不安がある方は、そちらをご利用頂いても構いません。ゆっくりフォト散歩を楽しみましょう。

《よく歩く》大阪なんばパークスの屋上に広がる庭園をめぐり、季節の植物や都市風景を撮影します。【どんな場所か】 ○ 駅隣接の商業施設。9階まで庭園が階段状に広がり、   500種10万株の植物が植えられています ○ 同時に庭園から都市の風景も眺めることができます。     都会のど真ん中にいながら自然撮影が堪能できる不思議な体験ができます。 【こんな方におすすめ】 ○遠くまで出かけることができない方 ○都会と自然との調和した風景を撮りたい方  【講師からのメッセージ】平日の午後、都会の真ん中で自然が楽しめる場所です。建物のデザインもおもしろい。私も楽しみにしています。

《よく歩く》古いものと新しいものが混在している神楽坂。都会の街角風景を撮影します。【どんな場所か】 都会の新しいものと古いものを撮り歩きできる街角。新たな被写体との出会いと発見がある素敵な場所です。街角風景を撮るにはかなりいい場所です。 【こんな方におすすめ】○ 初心者の方 ○ 撮り歩きの好きな方 ○ 被写体の発見と出会いを体験したい方 【当日のお持物】カメラ、レンズ(広角から望遠まで)、三脚不要【講師からのメッセージ】 今までに撮った(撮影場所は問わない)写真作品を2Lで5枚以内持参していただければ、撮影の合間に講評いたします。

《長時間歩く》山の辺の道の一箇所をゆっくり歩きながら秋の情景や夕日に出会える風景を撮影します。【どんな場所か】○ 多くの史跡や伝説に出会える有名な古道です。【こんな方におすすめ】○ 光のとらえ方や「なにをどう」撮ったらいいのかお悩みの方【講師からのメッセージ】10月は収穫時期でたくさんの被写体に出会えます。歩きながら光の時間の変化を撮影します。カメラが初めての方、撮影会に初めて参加される方、一緒に撮影を楽しみましょう!

《よく歩く》北浜〜道修町界隈の新旧混在の街並みで、被写体の見つけ方からその撮り方をお勉強します。【どんな場所か】 日本経済の発祥の地大阪。北浜界隈の大阪証券取引所をはじめ薬の町道修町一帯には、その歴史と文化をを伝える建造物が多く残されています。 【こんな方におすすめ】○ 「なにを!どう撮る?」で悩んでいる方 ○ 「シャッターを押せば綺麗に撮れる」でも、 ひと味違う写真を目指す方 【当日のお持物】 ①ご自身が撮影された写真をUSBメモリーにJPEGで保存して5点。 または、A4でプリントして5点お持ちください②カメラ、レンズ(広角系〜望遠系ズームレンズ) 【講師からのメッセージ】 「明るく・楽しく・気持ちよく」一緒にカメラ散歩を楽しみましょう。

《よく歩く》新潟古町・本町界隈にて暮れゆく街並みを撮影。スナップ撮影の楽しみ方と夕景撮影が学べ、日中とは違う情景を撮影できます。【どんな場所か】                                                              〇新潟市中央区古町、本町界隈 【こんな方におすすめ】○ 写真の基本を学びたい方 ○ スナップ撮影初めての方大歓迎 【講師からのメッセージ】 モノクロで楽しむスナップの世界もお伝えします。スナップ撮影を楽しみましょう!

《よく歩く》奉納された「勝ちダルマ」や境内に置かれたおみくじダルマなど面白い被写体をスナップします。【どんな場所か】 ○ 1300年の昔から「勝運の寺」として信仰されています ○多くのダルマが迎えてくれます  【こんな方におすすめ】 ○ スナップ撮影のお好きな方 ○ 変わった被写体を撮ってみたい方【講師からのメッセージ】 境内のあちこちに置かれたダルマさんの中からお気に入りを探すも良し、点景になる人物を入れてスナップ作品にするも良し、多くの被写体がお待ちしております。

《よく歩く》レトロな商店街と寺の静かな風情を「切り撮る表現」でストーリーが感じられる写真にしてみましょう。【どんな場所か】 古川町商店街は、東の錦と呼ばれ、ゆったりとした時間が流れるレトロな商店街です。 青蓮院の庭園は室町時代の様式を残した名園として知られています。宸殿から眺める庭の風情はそのまま絵になるような美しさです。 【こんな方におすすめ】 ○写真仲間を増やしたい方 ○カメラを持って散策を楽しみたい方 ○スナップ撮影のコツを知りたい方 ○カメラを買ったけどなかなか使う機会がない方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準レンズ・広角から望遠ズームレンズなど)、カメラの取扱説明書、予備電池 ※三脚、ストロボは使用できません ※別途、拝観料600円が必要です。 【講師からのメッセージ】 いっしょにフォトウォークを楽しみましょう。 歩きやすい靴でお越しください。

《あまり歩かない》美術館の庭にあるオブジェ等を利用して「映える」アートなスナップ撮影をします。【どんな場所か】 ○安藤忠雄氏による設計の美術館  ○外側に面白いオブジェがあります  【こんな方におすすめ】 ○ スナップ撮影のお好きな方 ○ 目を引く作品を作りたい方 【講師からのメッセージ】 美術館には入館せず外での撮影です。螺旋階段、巨大オブジェなどを利用してのスナップ撮影をします。素敵な作品になること間違いなしです。

《あまり歩かない》パンフレット風写真でなく、主役と脇役をしっかり意識した表現を目指してみましょう。【どんな場所か】 〇 洋館の建つ洋風庭園と、池を中心にした日本庭園があります 〇 11月には秋バラが咲き乱れ、洋館とのコラボが美しい庭園です 【こんな方におすすめ】 ○ 単なるパンフレット写真でなく、     ポイントを絞った洋風・和風な雰囲気を感じさせる作品づくりをしたい方  【当日のお持物】レンズは広角〜望遠まで幅広く使います。PLフィルター必須  【講師からのメッセージ】 入園した瞬間、ハッとさせられる光景が広がります。あわてずに、ご自分のイメージどおりの作品づくりを目指しましょう。

《ほとんど歩かない》動く被写体もスローシャッターを使うことで表現力がアップしていきます。その基本を学びましょう。【こんな方におすすめ】 ○ スローシャッター撮影のイロハを知りたい方 ○ NDフィルターを使ってみたい方 【講師からのメッセージ】 同じ風景・景色でもスローシャッターを使うことで印象の違う絵柄が生まれます。どのような作品ができるか一緒にチャレンジしてみましょう。

《あまり歩かない》異国情緒たっぷりの洋館、厳格な雰囲気の和館。宝探しをするつもりで被写体を見つけましょう。【どんな場所か】 〇 大イチョウの庭に、和洋2つの様式の建物があります 〇 シャンデリアやバルコニーなどの洋風な雰囲気と、   障子・ふすまの和風な雰囲気が同居しています 【こんな方におすすめ】 ○ まるで異国で撮影したような雰囲気の写真を撮影したい方 〇 洋風から一転、落ち着いた厳格な和風風景を撮りたい方 【当日のお持物】レンズは広角〜望遠まで幅広く使います。PLフィルター(お持ちの方のみ)  【講師からのメッセージ】 建物に入ったら宝探し、一つでも多く、おもしろい形を見つけましょう。

《よく歩く》秋色に染まる銀杏並木やオブジェを絞りを変えながら撮って見よう。絞りで写真は変わることをお伝えします。【どんな場所か】 大阪の中心部を南北に貫く幅44m延長4.2Kに及ぶ大通り。両側の銀杏並木やオブジェが造り出す街並み景観は大都会大阪を代表するメインストリート。 【こんな方におすすめ】 ○ 「なにを!どう撮る?」で悩んでいる方 ○ 「シャッターを押せば綺麗に撮れる」でも、 ひと味違う写真を目指す方 【当日のお持物】 ①ご自身が撮影された写真をUSBメモリーにJPEGで保存して5点。 または、A4でプリントして5点お持ちください②カメラ、レンズ(広角系〜望遠系ズームレンズ) 【講師からのメッセージ】 「明るく・楽しく・気持ちよく」一緒にカメラ散歩を楽しみましょう。

《あまり歩かない》秋の骨董市で賑やかな境内を散策します。建築物も素晴らしい寺院です。【どんな場所か】 ○ 駅から参道のある大寺 ○ 骨董市の開かれる時期 【こんな方におすすめ】 ○ 寺院の撮影に興味のある方 ○ 撮影の基本を学びたい方 【講師からのメッセージ】骨董市で賑やかな境内を散策しなが撮影します。広い境内の裏手に回ると静かなエリアもあり建築物の撮影も可能です。

《よく歩く》テーマ「〇〇の風景」に入る言葉(例:秋、なつかしい)を決めて被写体を探しましょう。【どんな場所か】 ○ 25棟の古民家が並ぶ自然公園、民家に上がっての撮影もできます ○ いろりの火、立ち上る煙など、昭和のレトロな雰囲気を撮ることができます【こんな方におすすめ】 ○ テーマに沿った撮り方を追求したい方【講師からのメッセージ】 秋の1日、秋の風情や昔なつかしい1枚で作品をまとめてみませんか。

《あまり歩かない》路面電車に乗って紅葉スポットを巡ります。駅近くをゆっくりとフォト散歩しましょう【どんな場所か】 ○ 東京唯一の路面電車で、紅葉スポットとしても知られています【こんな方におすすめ】 ○ 紅葉を撮影したい方 ○ 都電荒川線に乗ってみたい方 【講師からのメッセージ】 穴八幡宮→甘泉園公園→鬼子母神堂の三カ所を巡る予定です。都電荒川線は6分から7分間隔で運航しているので、安心です。11月中旬から紅葉時期となります。万が一、紅葉が進んでいない場合は、都電沿線上の別のスポットへ代替えさせて頂く場合もございますので、予めご了承ください。