奈良県の写真教室

  • :撮影実習
  • :座学
  • :初心者にオススメ

中将姫ゆかりの牡丹の寺として知られている場所で、牡丹を撮るコツをお伝えします。【どんな場所か】○ 大和路二上山の麓にあり近くには冬牡丹で有名な當麻寺もあります○ 色彩豊かな牡丹の花は冬の風景に豊かな彩りを添えてくれます 【こんな方におすすめ】○ 菰に覆われた鮮やかな牡丹の花を冬の風景として撮影したい方【当日のお持物】カメラ、レンズなど撮影機材、 三脚任意【講師からのメッセージ】とかく冬の風景は暗くなりがち。鮮やかな色の牡丹の写真で心をあったかくしたいですね。開花状況を見て当麻寺の冬ボタンに変更することもあります。※拝観料400円が別途かかります

中世の「造り酒屋」「庄屋」「寺社仏閣」などの町並みを、 雰囲気良く、スナップ撮影してまわります。  【どんな場所か】 ○ 歴史ある町並みを楽しめる場所○中世江戸時代にタイムスリップする町  【こんな方におすすめ】 ○古い街並みに興味のある方○街角スナップがお好きな方  【当日のお持物】 カメラ・標準〜中望遠ズーム・三脚不要  【講師からのメッセージ】 新春の時期に中世の街並みを、一緒にスナップして楽しみましょう

観光地奈良の中でも静かな雰囲気が漂う古刹般若寺。境内一面に広がるスイセンと石仏の撮影を楽しみます。【どんな場所か】○ 飛鳥時代に創建され、平城京の鬼門を守る寺と伝えられる。○ 境内には数多くの石仏が並び、スイセンが咲く風情があり、  写真家を魅了している。【こんな方におすすめ】○ 「何を撮ったら良い・どう撮れば良い」のかわからない方○ シャッターを押せば綺麗に撮れる。でも、ひと味違う写真を撮りたい方○ 「いまさら聞けない基本のキ」で悩んでいる方○ マンネリからの脱却。新鮮さを求めレベルアップを目指す方【当日のお持物】・カメラ・レンズ(広角~望遠系ズームレンズ)・三脚任意・ご自身の作品をUSB又はプリントで一点ご持参ください【講師からのメッセージ】「明るく・楽しく・気持ちよく」カメラ散歩を一緒に楽しみましょう。※会場で説明後、バスで移動します。バス代220円が別途かかります。

奈良春日大社で節分の行事として灯される、境内にある約3000基の燈籠などを撮影します。【どんな場所か】○ 春日大社は奈良時代に造られ、周辺の春日山の自然や住む鹿を神のものとして大切にしてきため、豊かな原生林と鹿とヒトが共生する風景が今に伝わってきました。○ 森の中の参道にある石燈籠と境内の吊燈籠に明かりが灯されます。【こんな方におすすめ】○ ちょっと幻想的な奈良の夜を撮影してみたい方【当日のお持物】カメラ、レンズ(広角、中望遠レンズなど)、小型ライト、三脚不要(境内での使用は禁止されています)【講師からのメッセージ】森の中に広がる朱塗りの建物と3000基もの燈籠が織りなす幻想的な風景の撮影を楽しみましょう。※拝観料400円が別途かかります

参加者の作品展を鑑賞・講評で「何を・どう撮れば良いのか」を学び、早春の奈良公園で撮影を楽しみます。【どんな場所か】○ 奈良公園の春は、美しい花と鹿がお出迎え。【こんな方におすすめ】○ 「何を撮ったら良い・どう撮れば良い」のかわからない方○ シャッターを押せば綺麗に撮れる。でも、ひと味違う写真を撮りたい方○ 「いまさら聞けない基本のキ」で悩んでいる方○ マンネリからの脱却。新鮮さを求めレベルアップを目指す方【当日のお持物】カメラ・レンズ(広角~望遠系ズームレンズ マクロレンズなど)・三脚任意ご自身の作品をUSBメモリー又はプリントで一点ご持参ください。【講師からのメッセージ】「明るく・楽しく・気持ちよく」カメラ散歩を一緒に楽しみましょう。※志賀直哉旧居集合。入館料200円がかかります。

●参加費は各回、PCC会員3,000円(税込)、一般4,500円(税込)※第1回撮影会終了以降にご入部された場合でも、写真部年会費は10,000円とさせていただきます※別途入場料などの料金がかかる場合がございます【定員】 20名 ※下方にある「募集定員」の欄には抽選枠の定員のため50名と記載しております。※お申込みの流れ※1ご希望の写真部の参加申込みをこちらのページからお願いいたします。※定員以上のお申込みがある場合には抽選とさせていただきます。2参加申込み完了後、1月15日までに抽選結果をメールにてご案内いたします。3当選された方へは各回の申込案内をお送りいたしますので、参加ご希望の回をお申込みください。

会員価格:10,000円(税込)

通常価格:10,000円(税込)

詳細はこちら