近畿地区の写真教室

  • :撮影実習
  • :座学
  • :初心者にオススメ

6か月に6種類の被写体・撮り方が楽しめる雑食系撮影クラブ。入会費制なので、毎回のイベントに参加できる権利があり、6カ月を通してメンバー同士の交流が深まります。                                             【講師からのメッセージ】 散策しながら視点を変えながら創造性に溢れた 作品創りを楽しみましょう。

6か月に6種類の被写体・撮り方が楽しめる雑食系撮影クラブ。入会費制なので、毎回のイベントに参加できる権利があり、6カ月を通してメンバー同士の交流が深まります。                                             【講師からのメッセージ】 伊丹空港は一日の旅客機発着数が多く、 滑走路周辺からは様々な角度から飛行機を撮影できます。 皆さんのイメージ通りの飛行機撮影が出来るよう お手伝いさせていただきますので、一緒に頑張りましょう。 

滋賀古刹の紅葉名所である日吉大社。ライトアップされた壮麗な社殿に、紅葉が映える美しい秋色を写真におさめます。【どんな場所か】〇山王さんの総本宮〇滋賀の紅葉名所の日吉大社〇ライトアップは必見 【こんな方におすすめ】 〇秋の雰囲気につかりたい方 〇ライトアップされた紅葉を撮影したい方  【当日のお持物】カメラ・標準〜中望遠ズーム・三脚任意  【講師からのメッセージ】滋賀古刹の秋を楽しみましょう。※拝観料300円が別途かかります

講師

米澤 確先生

会員価格:3,000円(税込)

通常価格:3,000円(税込)

申込受付終了しました

詳細はこちら

自然の残る小倉山の麓で名残の秋を切りとりましょう 【どんな場所か】 ○数多くの寺社仏閣が点在し竹林の小径が有名です ○ 有名な観光地ながら長閑な風景が広がっています 【こんな方におすすめ】 ○ 長閑な風景を撮影するのがお好きな方 ○ 写真を始めて間もない方 ○ 写真撮影しながら散策するのがお好きな方 【当日のお持物】 カメラ・標準〜望遠レンズ・マスク・筆記用具・飲み物 【講師からのメッセージ】有名な観光地ですが長閑で落ち着いた場所でもあります。行く秋に思いを馳せながら枝先に足元に目を向けながら名残の秋を切りとりましょう。

《あまり歩かない》圧巻の美しさを誇る参道の紅葉のトンネルをポジションを変えながら撮ってみよう。ここではポジションとアングルを変えながらひと味違う作品を目指します。【どんな場所か】中等山中腹に位置する三井寺(圓城寺)は、『不死鳥の寺』として知られてします。滋賀県有数の紅葉の名所で微妙堂から観音堂へ続く紅葉のトンネルは必見です。【こんな方におすすめ】○ 「何を撮れば良いの?どう撮れば良いの?」で悩んでいる方○ 「シャッターを押せば綺麗に撮れる」でも、ひと味違う写真を目指す方○ 「マンネリからの脱却」新鮮さを求めレベルアップを目指す方【当日のお持物】カメラ・レンズ(広角系~望遠系ズームレンズ)三脚不要【講師からのメッセージ】「明るく・楽しく・気持ちよく」一緒に楽しみましょう。※別途で拝観料600円がかかります

《長時間歩く》大阪駅に集合して駅周辺を散策します。師走の週末、キラキラのクリスマスムードに漂う梅田界隈を夕暮れスナップ。いろいろな光源の映り込みを探しましょう。【どんな場所か】 大阪駅と梅田駅ほぼ同じところにあるのに呼び名が違う不思議なところ。大阪は駅名で梅田は地名ということで大阪駅は明治政府がつけたとか・・・。 【こんな方におすすめ】 ○ 都会的なスナップが好きな方 ○ キラキラの映り込みに興味のある方 ○ 大阪駅の撮影スポットを知りたい方 【当日のお持物】 カメラ、標準ズーム お持ちの方のみ:ソフトフィルター、NDフィルター 【講師からのメッセージ】 都会の夕暮れは太陽光線だけではなくて、たくさんの人口光があります。これを「ミックスドライト」と言います。太陽光線とミックスドライトの絡み合うキラキラの世界を楽しみましょう。

《あまり歩かない》晩秋を探しながら大山崎山荘美術館の庭園や宝積寺などを巡ります。被写体の見つけ方や主役を引き立たせる切り取り方法などのヒントをお伝えします。 【どんな場所か】 大山崎山荘美術館の庭園には多くのカエデが植えられており、晩秋には燃えるようなカエデの赤色と、イチョウの黄色のハーモニーが庭園を埋めつくします。 宝積寺はお寺には古より伝わる「打出」と「小槌」を祀っており、一寸法師がここで修行したと伝わっています。桜の時期も美しいお寺です。 ※大山崎山荘美術館は拝観しません 【こんな方におすすめ】 ○写真仲間を増やしたい方 ○カメラを持って散策を楽しみたい方 ○スナップ撮影のコツを知りたい方 ○カメラを買ったけどなかなか使う機会がない方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準レンズ・広角から望遠ズームレンズなど)、カメラの取扱説明書、予備電池 ※三脚、ストロボは使用できません 【講師からのメッセージ】 いっしょにフォトウォークを楽しみましょう。 歩きやすい靴でお越しください。

《長時間歩く》作品講評・講義・撮影実習で、写真撮影をステップアップしましょう。晩秋の奈良公園から二月堂への道は魅力的な風景がいっぱいです。【どんな場所か】晩秋の公園で戯れる鹿や二月堂で見る秋の夕日も格別です。  【こんな方におすすめ】 ○ 講評・座学・実習でステップアップしたい方 ○ 古都奈良の晩秋を撮りたい方 ○ 夕景の奈良を撮ってみたい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ、三脚推奨、ご自身が撮られた作品を1枚USBもしくはA4程度のプリントでご持参ください。 【講師からのメッセージ】 晩秋の奈良公園は魅力的な題材がいっぱいです。※別途で志賀直哉旧居入館料200円がかかります

《長時間歩く》四条から花見小路〜安井金比羅宮〜八坂庚申堂を歩きながらスナップ撮影をします。被写体の見つけ方が学べます。【どんな場所か】 東山でも特に京の「はんなり」が感じられる地域です。 安井金比羅宮は「悪縁を切り良縁を結ぶ」神社でそのお願いの仕方が独特です。  【こんな方におすすめ】○ 京都がお好きな方 ○ 「映える」写真が撮りたい方 ○ スナップ撮影の機会が少ない方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ(広角系〜望遠系ズームレンズ) 【講師からのメッセージ】 男性でも女性でも魅力を感じられる場所です。 東山地区の華やかな雰囲気の中でフォトジェニックな被写体を探してご一緒に歩きましょう。

《あまり歩かない》どこまでも続く朱塗りの美しい鳥居をめぐり ながら、レンズの特性を理解して撮ってみよう。 ここでは、レンズの使い方が学べます。【どんな場所か】 「お稲荷さん」と親しまれ朱色の千本鳥居で有名な伏見稲荷大社。 全国の稲荷神社の総本宮で商売繁盛・家内安全のご利益があるとされ、 一年中参拝者でにぎわっています。 そんな伏見稲荷大社のどこまでもつづく朱色の”千本鳥居”は圧巻です。 【こんな方におすすめ】 ○ 「何を撮れば良いの?どう撮れば良いの?」で悩んでいる方 ○ 「シャッターを押せば綺麗に撮れる」でも、ひと味違う写真を目指す方 ○ 「マンネリからの脱却」新鮮さを求めレベルアップを目指す方【当日のお持物】 カメラ、レンズ(広角系〜望遠系ズームレンズ)、三脚不要 【講師からのメッセージ】 「明るく・楽しく・気持ちよく」一緒に楽しみましょう。

《あまり歩かない》光がきらめく冬の季節、都会の夜景をイルミネーションとともにファンタジックに撮影。      夕景から夜景の撮影方法について基礎から応用まで学べます。【どんな場所か】  中之島西側界隈にかけては、都会の夜の表情と光が溢れています。  ビルの灯りとイルミネーションのコラボが楽しめます。 【こんな方におすすめ】 ○ 三脚の使い方から長時間露光のやり方を学びたい方 ○ 夜景のファンタジックな撮り方を学びたい方 ○ 大阪の夜景の撮影スポットを楽しみたい方 【当日のお持物】  カメラ、レンズ(標準ズーム)、広角系レンズ(お持ちの方)&クロスフィルター/ソフトフィルター(お持ちの方)、三脚、リモートレリーズ、予備バッテリー、予備メモリーカード 【講師からのメッセージ】 夜景撮影の撮影テクニックを楽しみながら学べます。                         夜の大阪のまた違った表情を切り取ってみませんか!

城陽市鴻ノ巣山運動公園の12月は「光のページェント」で盛り上がります。 ファンタジーなイルミネーションを雰囲気良く撮りましょう。【どんな場所か】12月の城陽市鴻ノ巣山運動公園は電球70万球で装飾するイルミネーション会場へと様変わり。 【こんな方におすすめ】イルミネーションの撮り方を極めたい方 【当日のお持物】カメラ・標準〜中望遠ズーム・三脚任意 【講師からのメッセージ】楽しいイルミネーションフォトをご一緒に。

《あまり歩かない》関空対岸のりんくう公園から見る夕日は「日本の夕日百選」に選ばれるほどの美しさ。対岸の空港に離発着する飛行機の灯り、連絡橋や高速道路、夜の観覧車など撮りどころいっぱい。 絞りやシャッター速度を工夫しながら撮影します。【どんな場所か】対岸に関西国際空港と離発着する飛行機が見える公園です。 沈む夕陽、公園の噴水、りんくうタウンの街灯りと撮りどころがいっぱいです。 【こんな方におすすめ】 ○ 夕景や夜景の撮影をしたいけれど、設定や撮り方がよくわからない方 ○ ひとりでは不安でどこで撮って良いかわからない方にぴったりです。 【当日のお持物】 カメラ、レンズ、三脚、小型ライト お持ちの方のみ:レリーズ ハーフNDフィルターなど 【講師からのメッセージ】 昨年に引き続く企画です。昨年は後半にわか雨に遭い、後ろ髪を引かれる思いで終わりました。今回はそのリベンジ企画です。新たな撮影場所もご提案します。

《あまり歩かない》神戸ハーバーランドをクリスマススナップで散策。暮れていく空を背景にしたモザイク・観覧車を撮影。旧居留地を抜けて南京町のクリスマススナップを撮影します。【どんな場所か】 神戸は世界旅行ができる町!異国感の漂う建物がいろいろあり、クリスマスの雰囲気も大阪とは一味違います。 【こんな方におすすめ】 ○ クリスマススナップを撮りたい方 ○ 異国感のある写真に興味がある方○ 世界旅行がしたい方 【当日のお持物】 カメラ・標準ズームレンズ・ND/ソフトフィルター(お持ちの方) 【講師からのメッセージ】 関西の中でも神戸の港はとくににぎやかです。クリスマスともなればなおさらですね。都会的な港の夕景やクリスマスで賑やかな街を散策しましょう。

《あまり歩かない》花も少なく寒い季節には温室で快適に撮影!野外では見られない様々な花や、この時期ならではのクリスマス装飾など、ひと味違ったマクロ撮影を楽しみましょう。【どんな場所か】 ○ 年間を通して様々な花が咲く温室 ○ クリスマスなどのシーズンには、イベント的な装飾も行われる  【こんな方におすすめ】 ○ 人とはちょっと違った花写真を撮りたい方 ○ 作品に個性を出したい方 ○ 作風の幅を広げたい方 ○ 記録的な花写真にとどまらずステップアップしたい方  【当日のお持物】 カメラ、マクロレンズ、メモリーカード  【講師からのメッセージ】 類型的な花写真から脱却するためのちょっとしたコツをお伝えします! 楽しみながら、個性的な花写真を撮れるようになりましょう!※別途で入館料500円がかかります

《あまり歩かない》歴史ある本堂、毘沙門天、他、各所にいる「寅」を雰囲気たっぷりにねらいます。特に入り口近くにある張り子の「大トラ」は絶好の被写体です。【どんな場所か】 多くの国・県指定文化財がある、歴史ある寺院。虎でも有名。  【こんな方におすすめ】  〇 奈良古刹を堪能したい方 〇 楽しい撮影会を味わいたい方  【当日のお持物】 カメラ、標準ズーム、中望遠ズーム、三脚不可  【講師からのメッセージ】 ご一緒に新春の奈良古刹を散策し、ナイスショット連発といきましょう。 ※別途で拝観料300円がかかります

《ほとんど歩かない》通過する新幹線や停車する新幹線を、ポジションやアングル・視点を変えながら撮影します。【どんな場所か】 目の前を通過する新幹線や停車中の新幹線を思う存分楽しめる撮影スポット 【こんな方におすすめ】 ○ 「何を撮れば良いの?どう撮れば良いの?」で悩んでいる方 ○ 「シャッターを押せば綺麗に撮れる」でも、ひと味違う写真を目指す方 ○ 「マンネリからの脱却」新鮮さを求めレベルアップを目指す方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ(広角系〜望遠系ズームレンズ)三脚不可 【講師からのメッセージ】 「明るく・楽しく・気持ちよく」一緒に楽しみましょう※別途でJR米原駅入場券150円がかかります

《長時間歩く》昭和の雰囲気と個性溢れるお店が同居する街、大阪中崎町。フォトジェニックな街並みを切り取りながら、スナップ撮影での被写体の気づきや表現方法が学べます。【どんな場所か】 昭和の時代にタイムスリップしたような家屋と街並み。 そして、そこに融和したおしゃれなお店。  【こんな方におすすめ】 〇 街並みスナップ撮影を楽しみながらステップアップしたい〇 被写体の気づきやレンズワークを学びたい 【当日のお持物】 カメラ、標準ズームレンズ、カメラの取り扱い説明書、予備バッテリー、予備メモリーカード、雨具 【講師からのメッセージ】 一緒にスナップ撮影を楽しみながらレベルアップしましょう!

《長時間歩く》「えべっさん」の名で親しまれるゑびす神社と祇園の街並みを撮影します。焦点距離で写真は変わることをお伝えします。レンズの特性を理解しながら思い通りの作品作りに挑戦しましょう。【どんな場所か】 今宮戎神社や西宮神社と並んで日本三大恵比寿神社に数えられる京都ゑびす神社や花街で名高い落ち着いた雰囲気の漂う祇園の街並みは人気スポット。  【こんな方におすすめ】 ○ 「何を撮れば良いの?どう撮れば良いの?」で悩んでいる方 ○ 「シャッターを押せば綺麗に撮れる」でも、ひと味違う写真を目指す方 ○ 「マンネリからの脱却」新鮮さを求めレベルアップを目指す方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ(広角系〜中望遠系ズームレンズ)三脚不可 【講師からのメッセージ】 「明るく・楽しく・気持ちよく」一緒に楽しみましょう。

《長時間歩く》新春の伏見稲荷で「千本鳥居」を経て三ツ辻へ、そして荒木神社へと散策します。スナップを楽しみながら被写体の探し方、切り取り方を学びましょう。【どんな場所か】 全国のお稲荷さんの総本山で1300年の歴史があります。千本鳥居が有名です。 【こんな方におすすめ】 ○ 寺社仏閣の撮影がお好きな方 ○ スナップ撮影がお好きな方 ○ 撮影しながらの散策がお好きな方 【当日のお持物】 カメラ・ズームレンズ(標準〜望遠) 【講師からのメッセージ】 京都のパワースポットである伏見稲荷は「怪しい」も「可愛い」も盛り沢山です。新春の雰囲気の残る大社で撮影上達を願いつつスナップ散策を楽しみましょう。

《あまり歩かない》暖かい温室の中で亜熱帯のチョウやハチドリを撮影することができます。一足早い春を撮ってみませんか。【どんな場所か】 チョウの形をした昆虫館の中にある放蝶温室の中では、亜熱帯の花が咲き、オオゴマダラなどのチョウ約500匹が乱舞しています。 【こんな方におすすめ】 ○ 寒いのが苦手な方 ○ チョウや花の撮影を楽しみたい方 【当日のお持物】 カメラ レンズ(ズームレンズ・マクロレンズなど)  【講師からのメッセージ】 冬の寒さを忘れて蝶の撮影をいっしょに楽しみましょう。※別途で入館料520円がかかります

《あまり歩かない》JR天王寺に集合して阪堺線に乗り、大和川の河川敷まで移動します。夕日が反射してキラキラ光る電車と、夕日を背景に走る電車の2種類の景色が撮影できます。【どんな場所か】                                           大阪市と堺市の間に流れる大和川では今でも「チンチン電車」が往来しています。キラキラ夕日を反射したり、夕暮れを走る電車のシルエットはとても印象的です。 【こんな方におすすめ】〇 電車の写真に興味がある方 〇 通常と違う時間帯に撮影したい方 〇 シャッター速度・ホワイトバランスについて学びたい方  【当日のお持物】 カメラ及びレンズ一式・三脚・NDフィルター(持っている方) 【講師からのメッセージ】                                      阪堺線と夕日を重ね合わせて撮影するには日の入り時刻が速いこの時期がベストです。チャンスをねらった撮影に挑戦しましょう。※別途で電車代片道230円がかかります

《あまり歩かない》「ストーリーを感じる写真」を意識しながら撮ってみましょう。被写体の見つけ方や主役を引き立たせる切り取り方など、撮影に役立つヒントをお伝えします。【どんな場所か】 江戸時代に創建され、当初の姿のままを今日に伝える、中国風の様式など異国情緒あふれるお寺です。 【こんな方におすすめ】 ○写真仲間を増やしたい方 ○カメラを持って散策を楽しみたい方 ○スナップ撮影のコツを知りたい方 ○カメラを買ったけどなかなか使う機会がない方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準レンズ・広角から中望遠のズームレンズなど)、カメラの取扱説明書、予備電池 ※三脚、ストロボは使用できません 【講師からのメッセージ】 いっしょにフォトウォークを楽しみましょう。 ※別途で拝観料500円がかかります

《あまり歩かない》まだまだ寒さ厳しいこの時期、水仙やロウバイ、スノードロップなどの花が季節を彩ります。そんな花たちを背景処理やボケを工夫してふんわり優しく表現します。【どんな場所か】 ○ 都会のオアシス的な植物園 ○ 園内に季節ごとの様々な花が咲いていて、一年中楽しめる  【こんな方におすすめ】 ○ 人とはちょっと違った花写真を撮りたい方 ○ 作品に個性を出したい方 ○ 作風の幅を広げたい方○ 記録的な花写真にとどまらずステップアップしたい方  【当日のお持物】 カメラ、マクロレンズ、メモリーカード  【講師からのメッセージ】 ただ撮っただけの写真から一歩進んだ、作品として撮影するコツをお伝えします。 楽しみながら、個性的な花写真を撮れるようになりましょう!※別途で入園料220円がかかります

《長時間歩く》撮影場所の港の周りには、素敵な建物や構造物が沢山あります。 作品講評・講義・撮影実習で、写真撮影をステップアップしましょう。 【どんな場所か】 平安時代から江戸時代は国内交通の要衝として、明治以降は国際貿易港として世界を代表する港として栄えた。 【こんな方におすすめ】 ○ ロマンテックな港の周辺で、夕景を楽しみたい方 ○ 「何を、どう撮るか」 を初歩から実践を通して学びたい方  〇 さらにステップアップしたい方  【当日のお持物】 写真講評をしますので、ご自身が撮られた作品を1枚USBデータで、ご持参ください。A4程度のプリントでも結構です。  【講師からのメッセージ】 前半の写真講座を終えてから、後半の撮影場所まで約25分くらい歩きますので、ご留意ください。

《あまり歩かない》琵琶湖に面した菜の花の咲く公園で、天気が良ければ雪の残る比良山とのコントラストが楽しめます。構図や露出について学びましょう。【どんな場所か】 12000本咲く早咲きの菜の花と雪の残る比良山とのコラボが楽しめる公園です。 【こんな方におすすめ】 ○ 風景派の方もスナップ派の方も ○ 旅行気分を味わいたい方 ○ 自然の写真がお好きな方 【当日のお持物】 カメラ・標準〜望遠ズームレンズ 【講師からのメッセージ】 冬の澄んだ空気の中、早咲きの菜の花と雪を頂いた青い比良山のコラボは文句なく美しい景色です。小旅行に出た気分で早春の風景を堪能しましょう。

《長時間歩く》天王寺に集合し、天王寺公園内を移動しながら夕日と通天閣の撮影をします。夕暮れには、ネオンキラキラの新世界のスナップを楽しめます。【どんな場所か】 ソースの二度づけ禁止!串カツでおなじみの新世界。キラキラのネオンの側にある昭和の町並みや商店街が魅力的です。日の入りが早いこの時期だからこそ撮影できる活気あふれる大阪下町の夕暮れスナップです。 【こんな方におすすめ】 〇 にぎやかな景色が好きな方 〇 夕暮れスナップに挑戦したい方 〇 普段とは違う時間帯に撮影がしたい方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ・ソフトフィルター(お持ちの方) 【講師からのメッセージ】 大阪に住んでいても夜の通天閣の撮影は経験がない人が多いのではないでしょうか?さあ「コッテコテの大阪」を撮影に行きましょう!

《長時間歩く》「ストーリーを感じる写真」を意識しながら撮ってみましょう。被写体の見つけ方や主役を引き立たせる切り取り方法などのヒントをお伝えします。【どんな場所か】 大原の里は国際会館駅から30分ほどの場所に位置し、比叡山の麓に広がる自然豊かな山里です。また、三千院は京都市内の喧騒から少し離れた、大原の地に佇む門跡寺院です。苔に覆われた美しい庭園が広がっており幽玄で神秘的な空気感が漂う世界の中で、心静まる癒しのひと時を味わえます。 【こんな方におすすめ】 ○写真仲間を増やしたい方 ○カメラを持って散策を楽しみたい方 ○スナップ撮影のコツを知りたい方 ○カメラを買ったけどなかなか使う機会がない方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準レンズ・広角から中望遠ズームなど)、カメラの取扱説明書、予備電池 ※三脚、ストロボは使用できません 【講師からのメッセージ】 いっしょにフォトウォークを楽しみましょう。 ※別途でバス料金620円と拝観料700円が必要です

《長時間歩く》なら瑠璃絵は青色のイルミネーションで彩られる奈良恒例の冬のイベントです。春日大社・興福寺・東大寺もライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれます。【どんな場所か】 奈良公園や三社寺を中心としたイルミネーションとライトアップがきれいです。 【こんな方におすすめ】 ○ 奈良を楽しみたい方 ○ イルミネーションやライトアップで幻想的な風景を撮りたい方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ(広角・望遠ズームレンズなど)三脚不可 【講師からのメッセージ】 大仏殿の特別拝観も行われます。特別に開けられた観相窓から大仏のお顔を撮影することもできますよ。イルミネーション撮影後大仏殿にも行きます。※別途でバス代220円がかかります

《長時間歩く》古い奈良の雰囲気を残すならまち。街をめぐりながら隠れた撮影スポットを見つけてみませんか。作品講評・講義・撮影実習で、写真撮影をステップアップしましょう。【どんな場所か】どこかなつかしい、古き時代の面影を残す町家がならぶ街。最近はオシャレな店なども増え、人気のスポットとなっています。  【こんな方におすすめ】 ○ 奈良が好きという奈良派の方 ○ 「何を、どう撮るか」 を初歩から実践を通して学びたい方  〇さらにステップアップしたい方  【当日のお持物】写真講評をしますので、ご自身が撮られた作品を1枚USBデータで、ご持参ください。A4程度のプリントでも結構です。  【講師からのメッセージ】 ならまちの魅力を撮っていただけるよう定番の場所から隠れた撮影スポットまでご案内します。

《ほとんど歩かない》思いのほか早いボートレース。 止めて撮る?流して撮る?撮り方はいろいろです。躍動感溢れる写真を撮ってみましょう。【どんな場所か】 びわ湖を眺めながらノンビリと楽しめるボートレース場 【こんな方におすすめ】 ○ 「何を撮れば良いの?どう撮れば良いの?」で悩んでいる方 ○ 「シャッターを押せば綺麗に撮れる」でも、ひと味違う写真を目指す方 ○ 「マンネリからの脱却」新鮮さを求めレベルアップを目指す方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ(広角系〜望遠系ズームレンズ)三脚不可 【講師からのメッセージ】 「明るく・楽しく・気持ちよく」一緒に楽しみましょう※別途で入場料100円がかかります

《あまり歩かない》菅原道真公ゆかりの、京都屈指、梅の名所。 梅苑のみならず、本殿、手水舎、参道を彩る"梅""うめ""ウメ" 観梅スポットを巡ります。【どんな場所か】 境内、いたるところに梅がある。  【こんな方におすすめ】 〇 京都古刹を楽しみたい方〇 花(梅)の撮影を極めたい方 【当日のお持物】 カメラ・標準ズーム・望遠ズーム・三脚不可  【講師からのメッセージ】 2月の京都をご一緒に堪能しましょう。 ※別途で梅苑入場料1,000円がかかります

《あまり歩かない》明治から昭和にかけて活躍した蒸気機関車、昭和の特急、そして新幹線まで、鉄道の歴史とともに車両の造形と美しさを切り取る撮影の視点、ダイナミックな表現などを学びます。【どんな場所か】 日本最大級の京都鉄道博物館。 黎明期から現代に至る鉄道の歴史とともに、その実物車両を真近で楽しめます。【こんな方におすすめ】 〇 走る鉄道とはひと味違う、鉄道車両を間近でゆっくりと撮影したい 〇 鉄道車両をカッコ良く切り取るためのポイントを修得したい                 〇 光と影の効果を学びたい など 【当日のお持物】 カメラ、標準ズームレンズ、広角系レンズ(お持ちの方)、カメラの取り扱い説明書、予備バッテリー、予備メモリーカード 【講師からのメッセージ】 ひと味違った視点でダイナミックな鉄道車両を切り取ってみませんか!鉄道マニアの方以外も大歓迎!

《あまり歩かない》厳しい寒さが続いていても、季節は徐々に春へと移り変わっています。冬のサザンカ、春の梅など、季節の花を光を活かして撮影する方法をご紹介します。【どんな場所か】 ○山田池を中心にした都会の公園 ○園内にはもみじ谷、花木園、水生花園、花しょうぶ園、あじさい園など  四季折々の花と緑が楽しめるスポットが点在  【こんな方におすすめ】 ○ 人とはちょっと違った花写真を撮りたい方 ○ 作品に個性を出したい方 ○ 作風の幅を広げたい方 ○ 記録的な花写真にとどまらずステップアップしたい方  【当日のお持物】 カメラ、マクロレンズ、メモリーカード  【講師からのメッセージ】 ただ撮っただけの写真から一歩進んだ、作品として撮影するコツをお伝えします。 楽しみながら、個性的な花写真を撮れるようになりましょう!

《あまり歩かない》梅花の名所で、主役と脇役を意識しながら自分だけの作品作りをしましょう。 ひと味違う写真を目指したい方必見です。【どんな場所か】京都の梅の名所と言えば北野天満宮が思い浮かびます。梅を愛した菅原道真ゆかりの北野天満宮には早咲きから遅咲きまで約50種1,500本の紅白の梅花が咲き誇ります 。【こんな方におすすめ】 ○ 「何を撮れば良いの?どう撮れば良いの?」で悩んでいる方 ○ 「シャッターを押せば綺麗に撮れる」でも、ひと味違う写真を目指す方 ○ 「マンネリからの脱却」新鮮さを求めレベルアップを目指す方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ(広角系〜中望遠系ズームレンズ)三脚不可 【講師からのメッセージ】 「明るく・楽しく・気持ちよく」一緒に楽しみましょう。※別途で梅苑入場料がかかります

《長時間歩く》撮影場所の公園には、多くの品種の樹木があって、親子連れも大勢訪れます。作品講評・講義・撮影実習で、写真撮影をステップアップしましょう。 【どんな場所か】かつては、皇室の別荘地だった広大な場所。四季を通じて花が咲き楽しめる公園が広がっています。 【こんな方におすすめ】 ○ 菜の花と共に、多くの種類の梅を楽しみたい方 ○ 「何を、どう撮るか」 を初歩から実践を通して学びたい方  〇 さらにステップアップしたい方  【当日のお持物】 写真講評をしますので、ご自身が撮られた作品を1枚USBデータで、ご持参ください。A4程度のプリントでも結構です。  【講師からのメッセージ】前半の写真講座を終えてから、撮影場所に電車で移動します。駅から目的地まで約10分くらい歩きますので、ご留意ください。※別途で交通費400円、入園料400円がかかります

《長時間歩く》中崎町から天五中崎商店街あたりのリノベーションされた昭和の町並みを散策します。落ち着いた大阪下町の夕暮れを楽しめます。【どんな場所か】 梅田町の隣にある中崎町は大阪北の下町代表です。最近はリノベーションが進み世代の交代とともにおしゃれな昭和の町に生まれ変わりました。 【こんな方におすすめ】 〇 落ち着いた下町の雰囲気が好きな方 〇 夕暮れスナップに挑戦したい方 〇 昭和レトロが好きな方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ・ソフトフィルター(お持ちの方) 【講師からのメッセージ】 大阪梅田の隣にありながら「なぜここだけが昭和なの?」と言いたくなる中崎町!狭い路地を中に入れば懐かしい雰囲気漂う街の姿が見えててきますよ。

《長時間歩く》ひと足はやく、淀の水路で春の風を感じながら河津桜を撮ってみませんか!メジロも桜の開花に合わせてやって来て、フォトジェニックな撮影が楽しめます。【どんな場所か】 地元の住人の方たちが、平成14年から植樹してきた桜は約200本にもなります。  【こんな方におすすめ】 〇桜の花を綺麗に上手く表現したい方  〇桜を撮るためのレンズの選択と撮影テクニックを学びたい方               〇桜色を表現するためのホワイトバランスと露出テクニックを学びたい方 【当日のお持物】 カメラ、標準ズームレンズ、望遠系レンズ(お持ちの方)、カメラの取り扱い説明書、予備バッテリー、予備メモリーカード、雨具【講師からのメッセージ】 河津桜の色彩と美しさを春を感じながら切り取ってみませんか!

《長時間歩く》街道沿いの旧家や老舗などで展示される雛めぐりのお雛様と周辺風景をスナップします。被写体の切り取り方やお雛様を生き生き撮るコツをお伝えします。【どんな場所か】 高取城の城下町で開催される「町屋の雛巡り」を散策します。土佐街道沿いの町屋や商店約100軒が大切にしてきた雛人形を公開しています。それぞれの町屋の『雛物語』を楽しめます。 【こんな方におすすめ】 ○ スナップがお好きな方 ○ 街道散歩に興味のある方 ○ 写真を通じて友人を作りたい方 【当日のお持物】 カメラ・標準〜望遠レンズ 【講師からのメッセージ】 高取城下の当時の様子が残る町屋や老舗と、そこに飾られた色々なお雛様をスナップして回ります。歴史あるお雛様や面白いジャンボ雛など、楽しい被写体を探して歩きましょう。

《長時間歩く》「ストーリーを感じる写真」を意識しながら撮ってみましょう。被写体の見つけ方や主役を引き立たせる切り取り方など、撮影に役立つヒントをお伝えします。【どんな場所か】 近江八幡には、近江商人が築いた屋敷や土蔵、八幡堀と呼ばれる水路、ヴォーリズ建築など歴史ある街並みが残っています。 【こんな方におすすめ】 ○写真仲間を増やしたい方 ○カメラを持って散策を楽しみたい方 ○スナップ撮影のコツを知りたい方 ○カメラを買ったけどなかなか使う機会がない方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準レンズ・広角から中望遠ズームなど)、カメラの取扱説明書、予備電池 ※三脚、ストロボは使用できません 【講師からのメッセージ】 いっしょにフォトウォークを楽しみましょう。 ※別途バス料金440円と入館料500円が必要です

《あまり歩かない》中山製鋼所や日立造船の巨大な工場がそびえる、重工業地帯。道路の両側に迫る巨大な配管と、時折炎を上げる煙突が凄まじいインパクトを与えます。工場アートを魅力満天に。【どんな場所か】 工場地帯のど真ん中。 【こんな方におすすめ】 〇 工場アートを撮りたい方〇 機能美を追求したい方【当日のお持物】 カメラ・標準ズーム・中望遠ズーム・三脚不要  【講師からのメッセージ】 工場群の撮影ポイントの見つけ方、切り取り方を学びましょう。※別途で市バス代金片道210円がかかります

《長時間歩く》国宝彦根城に新日本観光地百選を記念して植えられた圧巻の紅白の梅が約400本。歴史を感じる彦根城をセットで楽しみましょう。【どんな場所か】 国宝彦根城。その大手門に広がる紅梅・白梅が整然と植樹されていて美しく咲き誇る姿は必見。 【こんな方におすすめ】 ○ 「何を撮れば良いの?どう撮れば良いの?」で悩んでいる方 ○ 「シャッターを押せば綺麗に撮れる」でも、ひと味違う写真を目指す方 ○ 「マンネリからの脱却」新鮮さを求めレベルアップを目指す方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ(広角系〜中望遠系ズームレンズ)三脚不可 【講師からのメッセージ】 「明るく・楽しく・気持ちよく」一緒に楽しみましょう。※別途で入城料800円がかかります

《あまり歩かない》春が近づき、たくさんの花が咲き始めます。ヒメオドリコソウやアーモンド、オカメザクラ、陽光桜(ヨウコウザクラ)など、初春の花を光を生かして撮影する方法をご紹介します。【どんな場所か】 ○ 花の万博の跡地を利用した緑地公園で、当時の建物等が残っている ○ 園内随所に季節の花が咲いている  【こんな方におすすめ】 ○ 人とはちょっと違った花写真を撮りたい方 ○ 作品に個性を出したい方 ○ 作風の幅を広げたい方 ○ 記録的な花写真にとどまらずステップアップしたい方  【当日のお持物】 カメラ、マクロレンズ、メモリーカード  【講師からのメッセージ】 ただ撮っただけの写真から一歩進んだ、作品として撮影するコツをお伝えします。 楽しみながら、個性的な花写真を撮れるようになりましょう!

《長時間歩く》奈良県天理市は宗教都市として有名ですがこの時期カワツザクラやソメイヨシノが咲き誇ります。巨大な垂れ桜にも驚きです。【どんな場所か】 天理教本部周辺に植えられた桜が咲き乱れます。巨大な3本のしだれ桜は大きさも花の密度も見事です。 【こんな方におすすめ】 ○ 桜の花を撮影したい方○ 花の咲く春の風景写真を撮りたい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(広角、望遠ズーム、マクロレンズなど) 三脚任意 【講師からのメッセージ】 平日企画でゆったり桜の風景を撮影しましょう。駅から1.3kmほど歩きます。

《ほとんど歩かない》頭上に迫る飛行機を、レンズの焦点距離・シャッタータイミング・シャッタースピードの三点の組み合わせで写り方が変ることをお伝えします。【どんな場所か】 千里川堤は、伊丹空港に離着陸する飛行機が、手が届きそうに頭上を飛行する迫力満点の姿や,目の前から力強く離陸する姿の撮影スポット。 【こんな方におすすめ】 ○ 「何を撮れば良いの?どう撮れば良いの?」で悩んでいる方 ○ 「シャッターを押せば綺麗に撮れる」でも、ひと味違う写真を目指す方 ○ 「マンネリからの脱却」新鮮さを求めレベルアップを目指す方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ(広角系〜望遠系ズームレンズ・お持ちなら魚眼レンズ)三脚任意 【講師からのメッセージ】 「明るく・楽しく・気持ちよく」一緒に楽しみましょう