東京都の写真教室

  • :撮影実習
  • :座学
  • :初心者にオススメ

昭和記念公園といえば花が咲き乱れる公園というイメージがありますが、今回は秋たけなわの公園で、花に限らず「大きな秋、小さな秋」を見つけます。【どんな場所か】 1年を通し常に花が咲いている公園ですが、秋はイチョウ並木、モミジが彩を加えます。 【こんな方におすすめ】  ○観光パンフレット風な写真でなく、オリジナリティを出したい方  【当日のお持物】 カメラ、レンズ(広角〜望遠レンズ)、PLフィルター(PLフィルターは極力お持ちください) 【講師からのメッセージ】 イチョウ並木の大きな風景から足元の銀杏の実まで、とにかく秋を探しまくります。※入園料¥450が別途かかります

都内の静かな寺院で、紅葉を撮ります。 主となる被写体を探し、フレーミング、ポジション、構図、光、仕上がり設定などを変えて秋の静けさを表現します。《あまり歩かない》【どんな場所か】浄真寺は、京都の庭園を思わせるお寺です。 仏像が開放されており、撮影も可能です。仏像と紅葉を入れて撮影します。 【こんな方におすすめ】 ○ 主に一眼レフ・ミラーレス一眼カメラで撮影されている方 ○ 紅葉を撮ることに興味がある方 〇 逆光撮影にチャレンジしたい方 〇 順光・逆光で紅葉の違いを知りたい方 ○ 仕上がり設定について知りたい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズームレンズ、望遠ズームレンズ)、PLフィルター 【講師からのメッセージ】 撮影ポイントが多くあり、良い穴場(撮影場所)を見つけた満足感を得ます。 オープンな寺院で、本堂に入ることができます。九体の仏像も拝見できます。 但し、拝礼、お賽銭(強要しません)など常識のある行動をお願いします。 (鎌倉などでは、一眼レフ撮影禁止の場所が増えています)

今回は日の入時刻に合わせた夕景撮影です。空港から太陽の沈む西方向の飛行機の影、シルエットをねらいます。画面を見やすく整理する力を養います。【どんな場所か】  〇日本一の離発着数を誇る羽田空港での撮影です。【こんな方におすすめ】 ○ 逆光で撮影したい方  ○ 画面整理のコツを学びたい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズーム、望遠ズーム)、三脚必須、高さの高いもの(おおむねのカメラ高 130cm以上)、 レンズは望遠レンズがメインですが、標準レンズも便利です。 【講師からのメッセージ】 通常の空港撮影は順光が多いですが、今回は思い切って逆光撮影をメインにします。普段とは少し違う画が期待できますよ。

世田谷区の東部を縦断する地域密着型の路線 のんびり走る色とりどりの車両がレトロな雰囲気を醸し出します。鉄道車両を撮るために必要な設定方法も覚えられます。【どんな場所か】  鉄道写真は、車両が主体と考えがちですが 車両だけを撮るのではなく、地域に溶け込んだ写真を撮ることができます。 【こんな方におすすめ】  〇ありきたりの鉄道写真とは異なる鉄道写真に挑戦してみたい方  〇鉄道写真(鉄道スナップ)に挑戦してみたい方 【当日のお持物】  カメラ、レンズ(標準ズームレンズ、望遠ズームレンズ)、三脚不要 【講師からのメッセージ】  世田谷線に乗って撮影地移動します。 紅葉も見られるかもしれません。※一日乗車券340円が便利です

銀座を舞台に冬だから撮れる素敵な情景シーンを切り撮りましょう。【どんな場所か】 ○ 言わずと知れた東京を代表とする高級商業地と繁華街エリア ○ 銀座4丁目交差点を中心とした海外のハイブランドの旗艦店や高級クラブやバー  そして百貨店、また最近ではファストファッションなども混在する街【こんな方におすすめ】 ○ 銀座の街をどう撮ったらカッコ良いか分からない方 ○ 銀座の街のおススメの被写体・撮影ポイントを知りたい方 ○ その季節ならではの銀座の街の写真を撮りたい方【当日のお持物】  カメラ・広角~標準ズームレンズ(24mm-70mm or105mm)  ※超広角系(15-24mm相当)や望遠系(100-200mm)があれば表現が広がります。【講師からのメッセージ】夏に撮った銀座の撮影会の違うスポットで撮る冬バ-ジョンです。大都会のど真ん中銀座でこの時期ならではの写真を撮りましょう♪ 冬の銀座の切り取り方をお伝えします。※内容は午前と同じです

銀座を舞台に冬だから撮れる素敵な情景シーンを切り撮りましょう。【どんな場所か】 ○ 言わずと知れた東京を代表とする高級商業地と繁華街エリア ○ 銀座4丁目交差点を中心とした海外のハイブランドの旗艦店や高級クラブやバー  そして百貨店、また最近ではファストファッションなども混在する街【こんな方におすすめ】 ○ 銀座の街をどう撮ったらカッコ良いか分からない方 ○ 銀座の街のおススメの被写体・撮影ポイントを知りたい方 ○ その季節ならではの銀座の街の写真を撮りたい方【当日のお持物】  カメラ・広角~標準ズームレンズ(24mm-70mm or105mm)  ※超広角系(15-24mm相当)や望遠系(100-200mm)があれば表現が広がります。【講師からのメッセージ】夏に撮った銀座の撮影会の違うスポットで撮る冬バ-ジョンです。大都会のど真ん中銀座でこの時期ならではの写真を撮りましょう♪ 冬の銀座の切り取り方をお伝えします。※午後にも同じ内容で実施します

《長時間歩く》いつもは街歩きしている【EDOを行く】 今回は、場所を数か所に絞って撮影。例年の落葉時期をもとに撮影日を設定しています。撮影スポットは11月と同様です。【どんな場所か】両国周辺には、イチョウが映える穴場があります。  【こんな方におすすめ】 ○ イチョウの黄色い絨毯を撮影したい方 ○ 落ち葉をカッコよく撮影したい方 【当日のお持物】 使い慣れたカメラ(今回はスマホ対象外)持っている方は、多重露光機能付きカメラ 【講師からのメッセージ】 EDOを行く番外編として、今回は撮影スポットを絞って行います。歩く距離はいつもの半分くらいです。また、落ち葉をカッコよく撮影することを目的としておりますので、使い慣れたカメラをご持参ください。11月の撮影スポットと、ほぼ同じ場所を行く予定です。例年の落葉時期をもとに撮影日を設定しておりますが、11月と変わらない状況と判断した時は、撮影スポットを変える場合もございます。その際に「すみまるくん」循環バス100円に乗る可能性もございます。 

動物は動きものを撮る設定で撮影した方が失敗が少なく撮影できます。動きものに合ったAFの使い方やシャッタースピードの考え方などをアドバイスいたします。【どんな場所か】 豊かな自然が多く残った園内で、動物ができるだけ自由な姿で展示されています。園内はアップダウンがありますので動物を撮りながら良い運動にもなります。 【こんな方におすすめ】 ○写真仲間を増やしたい方 ○写真を撮りながら散策したい方 ○動物の撮り方が今一つ分からない方 〇動きものの撮り方を習得したい方 〇カメラを買ったけれど使い方が良くわからない方〇カメラをもう一歩踏み込んで使いたい方 【当日のお持物】 標準レンズの他に、70-300mm、100−400mmなどの望遠レンズがあるとより楽しめます。【講師からのメッセージ】 檻を消す方法もワンポイントアドバイスいたします。 ※別途入園料 600円がかかります

11月20日開催の講座が満員の為、日程を追加で開催いたします。内容は同じです。墨田川大橋からは永代橋とスカイツリーが見え、屋形船などの光跡が撮影できます。雨でも雨宿りができ、撮影には良い場所です。首都高のジャンクションも撮影可能。【どんな場所か】永代橋とスカイツリーが撮影でき、場合によっては隅田川を航行する屋形船などの船の光跡が撮れる絶好の場所。 【こんな方におすすめ】 ○ 初心者の方 ○ 夜景や光跡を撮るのが好きな方 ○ 被写体の発見と出会いを体験したい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(広角から望遠まで)、三脚必須【講師からのメッセージ】 隅田川は私が好きな撮影場所であり、都会の中でも古いものと新しいものとが混在しています。夜景や光跡を撮るにもいい場所です。 ※今までに撮った写真作品(場所は問わない)を2Lで5枚以内持参していただければ、撮影の合間に講評いたします。

前半は佃島を中心に古い街並みのスナップ撮影。後半は隅田川からタワーマンション並ぶ佃島を眺め、水景色を長秒時撮影します。佃島の今昔を撮り比べながら、必要なカメラ設定・撮り方をアドバイスします。【どんな場所か】佃島は佃煮の起源となったところで、新しいタワーマンションのそばに古い雰囲気の路地裏があり、歴史を感じることができます。近未来の空間とレトロな懐かしい街中が隣り合わせに共存しています。 【こんな方におすすめ】 ○ スナップ撮影に興味のある方 ○ 長秒時撮影に興味のある方 ○ 初心者の方大歓迎 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(広角から望遠まで使えます)、 三脚必須、レリーズ(お持ちの方のみ)、PLフィルター(お持ちの方のみ)、NDフィルター必須(長秒時撮影で日没後は屋形船の光跡をねらう予定のため)16-32が適当ですが8-32でお持ちのもの 【講師からのメッセージ】 月島から佃島にかけ、時代を感じるレトロな街並みを撮影し、その後には隅田川沿いを移動し佃島のタワーマンションを眺めながら長秒時撮影を行います。運が良ければ、屋形船の光跡撮影もできるかもしれません。

若洲海浜公園は東京ゲートブリッジの夜景や飛行機の光跡が撮れる絶好の場所。空が澄んでいると富士山とのコラボレーションや星も撮影できます。【どんな場所か】ダイナミックな東京ゲートブリッジや行きかう船など海辺ならではの景色はもちろん、天気が良ければ、富士山などの 眺望も楽しめます。 【こんな方におすすめ】 ○ 初心者の方 ○ 夜景や光跡を撮るのが好きな方 ○ 被写体の発見と出会いを体験したい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(広角から望遠まで)、三脚必須【講師からのメッセージ】 若洲海浜公園はゲートブリッジのたもとにあり、私が好きな撮影場所です。都会の中でも意外な発見と出会いができ、夜景や飛行機などの光跡を撮るにはいい場所です。 ※今までに撮った写真作品(場所は問わない)を2Lで5枚以内持参していただければ、  撮影の合間に講評いたします。※新木場駅集合予定。 駅から撮影地までバス代片道210円がかかります

《あまり歩かない》撮影後の画像処理はどうしていますか?ご要望の多かった画像の管理から後処理に関する講座です。基本的な内容からRAW現像に関する内容まで学べます。(撮影実習あり)【どんな場所か】新宿西口公園は高層ビルに囲まれた都心のオアシス、その近くにあるキタムラ本社の会議室を使用して講習を行います。  【こんな方におすすめ】 ○ 画像の管理方法がわからない方 ○ 画像処理に興味がある方、自己流で不安な方 ○ RAW撮影・現像にチャレンジしたい方 【当日のお持物】 デジタル一眼カメラ・標準レンズ(撮影画像を10枚程度ご持参下さい、RAW画像も可) 【講師からのメッセージ】 デジタルカメラで撮影していると行きつくのが画像の管理や後処理の方法です。日頃の写真教室でも一番質問の多かった内容です。今回は特別に会場がご用意できましたのでぜひご参加ください。(特定の画像ソフトの使い方講習ではありません)

《長時間歩く》寺町谷根千の正月風景を愛でながら、被写体の発見と出会いができる場所。 この日は成人の日なので、成人式の流れがあるかもしれません。【どんな場所】 寺町谷根千の正月風景を愛でながら、被写体の発見と出会いができる場所  【こんな方におすすめ】 ○街角風景の好きな方 ○初心者の方 ○被写体の発見と出会いに期待する方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(広角〜望遠) 三脚不要 マスク ※2L写真5枚以内をお持ちいただければ、撮影の合間に講評いたします。 【講師からのメッセージ】 ポピュラーな街角風景の撮れる場所。谷根千の街角風景を愛でながら、被写体の発見と出会いを楽しみましょう。

《あまり歩かない》世界に誇る日本文化・風景を探して撮影さんぽ。カラーはもちろんモノクロで撮影するのも趣がありますね。軽装にてご参加ください。【どんな場所か】築地から勝鬨橋へと昭和の風情が残る界隈を歩きます。  【こんな方におすすめ】 ○ カメラ初心者でまずは手軽に撮影したい方 ○ 何を撮影したらよいのかわからない方 ○ 寺社めぐり裏路地探索にご興味のある方 【当日のお持物】 デジタルカメラ、(一眼カメラ、コンパクトカメラ、オールドレンズなどお好きな機材でご参加ください) 【講師からのメッセージ】 さまざまな機材や被写体を撮影してきた講師が個別に的確なアドバイスをします。一人で撮影しているとなかなか身に付かない被写体探しや撮影テクニックなどやさしく丁寧にお伝えいたします。

《長時間歩く》都市開発から残された三軒茶屋の三角地帯ですが、再開発計画が進み、撮影チャンスが無くなるかも?!明暗差を利用した作画でどのような露出にしたら良いのかをお伝えします。【どんな場所か】 皆さんご存じの三軒茶屋に戦後闇市があった筋がまだ残っていて何とも言えない雰囲気を醸し出しています。 【こんな方におすすめ】 ○ 写真仲間を増やしたい方○ 写真を撮りながら散策したい方 ○ 狭い路地を撮ってみたい方 〇 落書きなどを印象的に撮ってみたい方 〇 探検が好きな方 【当日のお持物】 いつもお使いの標準レンズ(標準ズーム)で大丈夫です。 【講師からのメッセージ】 時代に取り残された町筋を印象的に撮る方法を勉強しましょう。露出補正の練習に最適です。

《あまり歩かない》撮影の基本と設定について解説しながら新宿の公園で撮影します。午後からは会議室に移動し撮影画像の講評と振り返りを行います。【どんな場所か】都会の中にある手入れの行き届いた公園です【こんな方におすすめ】 ○ 写真を始めたばかりの方で何をどう撮ったら良いかがわからない○ 自分の写真がマンネリでもうワンランクステップアップしたい○ ネイチャーフォトの基本を学びたい○ 柔らかいボケた写真を撮ってみたい【当日のお持物】 デジタル一眼カメラ推奨。レンズは、標準ズームレンズと望遠ズームレンズの2本があると便利です ※三脚は使用しません 【講師からのメッセージ】自然風景の中で絵になるポイントを探し出すのはなかなか難しいもの、初心者から上級者までお勧めの講座です。カメラの設定から被写体へのレンズの向け方など自己流ではなかなか気づかない内容をやさしくご紹介いたします。

《あまり歩かない》若洲海浜公園から夕景夜景を撮影します。天候条件が良ければ、ゲートブリッジと富士山や飛行機の光跡に加えて、星の軌跡も撮ることができます。【どんな場所か】 都会(東京ベイ)の海辺をきれいに撮れる場所【こんな方におすすめ】 ○ 夕景夜景の好きな方 ○ 初心者の方 ○ 何をどう撮るかを知りたい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(広角から望遠まで)、三脚、マスク 【講師からのメッセージ】 都会の夕景夜景シリーズ第1弾。都会の海辺、東京ベイ沿岸からの夕景夜景などを撮るために、あえて、トワイライトのマジックアワーを中心に撮影会を設定しています。 そのため、雨などの天候条件が良くないときには中止します。

《あまり歩かない》撮影の基本と構図について解説しながら新宿の公園にて撮影します。午後からは会議室に移動し撮影画像の講評と振り返りを行います。【どんな場所か】都会の中にある手入れの行き届いた公園です【こんな方におすすめ】 ○ 写真を始めたばかりの方で何をどう撮ったら良いかがわからない ○ 自分の写真がマンネリでもうワンランクステップアップしたい ○ ネイチャーフォトの基本を学びたい ○ 柔らかいボケた写真を撮ってみたい 【当日のお持物】 デジタル一眼カメラ推奨。レンズは、標準ズームレンズと望遠ズームレンズの2本があると便利です ※三脚は使用しません 【講師からのメッセージ】自然風景の中で絵になるポイントを探し出すのはなかなか難しいもの。初心者から上級者までお勧めの講座です。カメラの設定から被写体へのレンズの向け方など自己流ではなかなか気づかない内容をやさしくご紹介いたします。

《長時間歩く》ちょっとノスタルジックな気持ちになる撮影のひと時を味わえます。狭い路地にある街並みの中から被写体を見つけ、どうフレーム内にまとめるかをお伝えします。【どんな場所か】 ○ 中野駅北口に広がる迷路のような商店街 ○ 昭和へタイムスリップしたような気分になります 【こんな方におすすめ】 ○ 街撮りを楽しみたい方 〇 中野のちょっと変わった場所を探検してみたい方 ○ 散策しながら被写体の見つけ方を身につけたい方 ○ 写真仲間を増やしたい方 【当日のお持物】 普段お使いの標準レンズでも楽しめますが、35mm、50mm、16-35mmなどのレンズ(焦点距離はフルサイズ換算)があればより楽しく撮影ができます。 【講師からのメッセージ】 雑然とした中から被写体を見つけるコツがわかります。被写体を見つけるポイントを丁寧にお伝えします。

《あまり歩かない》小石川後楽園の春の風景を愛でながら、被写体の発見と出会いをする事のできる場所。 また、この日は梅の咲いていることが多いので、場合によっては、メジロなどの鳥がいるかもしれません。【どんな場所か】 都会のオアシスの庭園公園であり、春の息吹を感じることができる場所 【こんな方におすすめ】 ○ 都会のオアシスの好きな方 ○ 初心者の方 ○ 被写体の発見と出会いを期待する方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(広角〜望遠) 三脚不要 マスク ※2L写真5枚以内をお持ちいただければ、撮影の合間に講評いたします。 【講師からのメッセージ】 ポピュラーな都会のオアシス風景の撮れる場所。小石川後楽園の春の風景を愛でながら、被写体の発見と出会いを楽しみましょう。

《長時間歩く》いつもは街歩きしている【EDOを行く】、今回は、前半に亀戸天神の梅を撮影し、後半にレトロスポットを巡ります。歩く距離は、いつもの半分です。カメラはなんでもOK。スマホもOK。【どんな場所か】梅まつり開催中の亀戸天神に向かいます。 【こんな方におすすめ】 ○ 梅の花を撮影したい方 ○ レトロな街を撮影したい方 ○ 朝活撮影にチャレンジしたい方 【当日のお持物】 カメラはなんでもOK。スマホもOK。 【講師からのメッセージ】 帰ってきた【朝活】10か月ぶりの開催です。早起きが得意な方は、朝の光の中で、可愛い花を撮影しませんか♪ 梅まつりの開催中に行きますが、開花時期がズレていても撮影会は開催しますので予めご了承ください。今回オールドレンズの貸し出しはございませんが、花の撮影にオールドレンズは相性が良いので、お持ちの方はぜひお持ち下さい。

《あまり歩かない》旧万世橋駅と鉄道高架橋の姿は、明治生まれ。今もJR中央線が走る高架橋は、エキゾチックな欧州の匂いが。 神田川、赤レンガ造り、旧万世橋駅が織り成す明治の姿を自分流にスナップしてみましょう。【どんな場所か】 ○ 明治生まれの赤レンガ作りの高架橋と旧万世橋駅には  往時を思い起こさせる姿です○ 神田川に映る、赤レンガの連続アーチの高架橋は  欧州の街の匂いがします 【こんな方におすすめ】 ○ 街なかに残るエキゾチックな情景を印象深く表現してみたい方 ○ 歴史的な風景と現代的な街の姿を対比させ写し撮りたい方 ○ 撮影シーン毎のカメラのセッティングの仕方がつかめていない方 ○ 写真に興味を覚え、これから色々な撮影にトライしてみたい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズーム、普段使っているレンズ) ※三脚、ストロボは使用しません 【講師からのメッセージ】 初心者の方にも撮影仕方の基本から分かりやすく説明します。 カメラ操作のコツを掴んで「自分流アレンジ写真」を楽しみましょう。

《ほとんど歩かない》イルカショーを中心に撮影します。イルカのジャンプと水滴を止めて撮ったり、イルカとトレーナーの息のあったパフォーマンスも見逃せません。それらを印象的に撮るコツが掴めます。【どんな場所か】特にイルカのナイトショーは他の水族館では見られない魅力的なものです。そんなイルカショーを中心に撮影をします。暗い室内でのシャッターコントロールなど、スキルアップにつながるヒントが掴めます。 【こんな方におすすめ】 ○ イルカショーなどの動体撮影に興味のある方 ○ 初心者の方も大歓迎 【当日のお持物】カメラ、レンズ(広角から中望遠)  【講師からのメッセージ】イルカの回転しながらのジャンプと光に輝く水滴を印象的に切り取りましょう。またインストラクターのパフォーマンスも素敵ですよ。 **注意点:イルカショーのスケジュールは月ごとに変わります。      それにより開始時間と終了時間は30分ほど前後することがあります。

《あまり歩かない》競走馬の美しい姿をはじめ、コーナーでの競り合いを”止めて”、直線の勇姿を”流して”撮りましょう。流し撮りの基本、シャッターチャンスのねらい方もアドバイスします。【どんな場所か】撮れる場所も広く、いろいろな撮影を試せる競馬場です。特に第4コーナーでの競り合いは、撮影を愉しませてくれるでしょう。  【こんな方におすすめ】 ○ 競走馬の撮影に興味ある方 ○ スポーツなど動体撮影に興味ある方 ○ 初心者の方も大歓迎 【当日のお持物】カメラ、レンズ(標準ズームから望遠まで。200〜300mmがあると便利) PLフィルター  フラッシュ・三脚・一脚は使えません  【講師からのメッセージ】シャッタースピードをコントロールする競走馬の勇姿撮影は表現力のアップに欠かせないものです。初心者の方からベテランの方まで充分に楽しめる撮影会です。

《長時間歩く》隅田川の橋は、景観の中で、人々の生活に溶け込んで、その佇まいを見せてくれています。 その3では、清洲橋と永代橋に的を絞って橋の魅力を、自分流に撮えて(捉えて)みましょう。 その1、2に参加していない方でも、ご参加いただけます。【どんな場所か】 ○ 隅田川の橋は、視点によって様相を変えて、その魅力的な姿を見せてくれています ○ 永代橋は隅田川と晴海運河の分岐点にあるので、    ダイナミックな景観を写し撮ることができます 〇撮影会終了時刻ごろにはライトアップされた橋の優雅な姿も納めることができます 【こんな方におすすめ】 ○ 構造物としての橋をダイナミックに写真に収めたい方 ○ 生活の一部となっている橋の姿をスナップ的に切り撮りたい方 ○ 景観を彩る橋の姿を情景の一部として捉えたい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズーム、普段使っているレンズ) ※三脚、ストロボは使用しません 【講師からのメッセージ】 今回は清州橋から歩き、永代橋の二つの橋をねらいます。初心者の方にも撮影の仕方の基本から分かりやすく説明します。カメラ操作のコツを掴んで「自分流アレンジ写真」を楽しみましょう。

《あまり歩かない》撮影の基本とボケの表現について解説しながら新宿の公園にて撮影します。午後からは会議室に移動し撮影画像の講評と振り返りを行います。【どんな場所か】都会の中にある手入れの行き届いた公園です。 【こんな方におすすめ】 ○ 写真を始めたばかりの方で何をどう撮ったら良いかがわからない ○ 自分の写真がマンネリでもうワンランクステップアップしたい ○ ネイチャーフォトの基本を学びたい ○ 柔らかいボケた写真を撮ってみたい 【当日のお持物】 デジタル一眼カメラ推奨。レンズは、標準ズームレンズと望遠ズームレンズの2本があると便利です ※三脚は使用しません【講師からのメッセージ】自然風景の中で絵になるポイントを探し出すのはなかなか難しいもの、初心者から上級者までお勧めの講座です。カメラの設定から被写体へのレンズの向け方など自己流ではなかなか気づかない内容をやさしくご紹介いたします。

《長時間歩く》皇居東御苑の桜の風景を楽しみつつ、被写体の発見と出会いがある場所。この日は北の丸公園から千鳥ヶ淵まで足を伸ばして、桜に見とれながら、春の雰囲気を撮りましょう。【どんな場所か】 都会のオアシスの庭園公園であり、桜やほかの花々などを感じることができる場所 【こんな方におすすめ】 ○ 都会のオアシスが好きな方 ○ 初心者の方 ○ 被写体の発見と出会いを期待する方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(広角〜望遠) 三脚不要 マスク ※2L写真5枚以内をお持ちいただければ、撮影の合間に講評いたします。 【講師からのメッセージ】 ポピュラーな都会のオアシス風景が撮れる場所。皇居東御苑の春の風景を愛でながら、被写体の発見と出会いを楽しみましょう。※皇居東御苑に入るのに身分証明書が必要です

《あまり歩かない》色とりどりの車体色がある井の頭線の車体を被写体として、低速シャッターでの撮影技術を理解し、目で見える風景をドラマチックな風景に変貌させてみましょう。【どんな場所か】  井の頭線沿線は、都会の渋谷から緑が豊かな吉祥寺までの12.7Kmを、色とりどりの5両編成の車両が駆け抜けます。 【こんな方におすすめ】 ○ かっこ良い鉄道情景写真に挑戦したい方 ○ 低速シャッターを駆使して車両が溶け込む絵柄を撮りたい方 ○ シャッター速度による作品の違いを理解したい方 【当日のお持物】  カメラ、レンズ(広角ズームレンズ、望遠ズームレンズ) お持ちの方はNDフィルター(必須ではありません) 【講師からのメッセージ】  季節が合えば、桜とのコラボレーションもGetできます。

《あまり歩かない》定番の「桜+飛行機」、今回は羽田空港に離着陸する飛行機との組み合わせをねらいます。【どんな場所か】 ○羽田空港にほど近い、スポーツ施設のある公園です ○公園内の「さくら広場」はお花見ポイントとして有名です 【こんな方におすすめ】 ○飛行機と桜の組み合わせを撮影したい方 ○新ルートの迫力のある着陸態勢を取りたい方(南風の場合) 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(望遠ズームレンズを基本に、標準ズームレンズ等)、PLフィルター 【講師からのメッセージ】 新ルートの着陸態勢は迫力満点です。美しい桜の花との共演を楽しみましょう ※天候や開花状況により被写体を変更する場合もあります

《あまり歩かない》花といえばマクロレンズでアップだけではありません。マクロ、望遠レンズから広角レンズまで、桜、スイセン、チューリップを組合せて春らしい作品づくりをしてみましょう。【どんな場所か】3月末の昭和記念公園は、いろいろな花が咲きそろい、単品でも組合せでもバリエーションある写真が撮れます。  【こんな方におすすめ】アップで撮ったり風景的に撮ったり・・・花撮影のバリエーションを楽しみたい方  【当日のお持物】普段よく使うレンズでOKですが、明るい単焦点レンズがあればお持ちください。 【講師からのメッセージ】今までの撮り方にこだわらず、花を組み合わせたり、レンズの特徴を活かした撮り方をしたりして、バリエーションを楽しみましょう。