関東地区の写真教室

  • :撮影実習
  • :座学
  • :初心者にオススメ

※お申込みの流れ※1ご希望の写真部の参加申込みをこちらのページからお願いいたします。※定員以上のお申込みがある場合には抽選とさせていただきます。2参加申込み完了後、1月15日までに抽選結果をメールにてご案内いたします。3当選された方へは各回の申込案内をお送りいたしますので、参加ご希望の回をお申込みください。

講師

櫻井靖夫先生

会員価格:10,000円(税込)

通常価格:10,000円(税込)

申込受付終了しました

詳細はこちら

※お申込みの流れ※1参加申込みをこちらのページからお願いいたします。2各回の申込案内をお送りいたしますので、参加ご希望の回をお申込みください。

雪の富士山と、早咲きの菜の花を入れて早春の風景を撮り、1月で春の訪れを感じましょう。 【どんな場所か】 ○ 富士山まで70kmの位置にある標高136mの吾妻山です。 ○ 頂上は早咲きの菜の花が1月から咲いています。 【こんな方におすすめ】 ○ 花が好きな方。「富士山と菜の花を入れた写真」を撮る方法にチャレンジします。                                     〇 絞りの使い方により、花と山の撮り方を習得したい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準、望遠:200mm程度 ズーム可) 【講師からのメッセージ】 標高136mで、山頂まで階段(約300段)で上がります。タイミングがよければ、山の主(猫)に出会います。※雨天中止

【説明】午前中に撮影実習を行い午後からキタムラ市原店内にて撮影レクチャーと作品講評を致します。(A4プリント2枚付き)「撮影実習10:00-12:00)→各自移動→キタムラ市原店14:00-16:00講習) 【どんな場所か】 ○ 朱の社殿が美しい神社です ○ 木立の中の池が清らか 【こんな方におすすめ】 ○ 写真を始めたばかりの方 ○ 何をどう撮ったら良いか学びたい方 ○ 自分の写真がマンネリになっている方 ○ フォトコンにチャレンジしたい方 【特典】〇 午後の講評会前に、午前中に撮影した写真から A4で2枚無料でプリントができます〇撮影会だけでなく講評会もあるので、写真の上達につながります【当日のお持物】 一眼カメラ推奨。レンズは標準ズームと望遠ズームの2本があると便利。マクロレンズをお持ちの方はご持参ください。 【講師からのメッセージ】一緒に楽しく写真を楽しみましょう。被写体の見つけ方や露出設定など丁寧にくりかえしレクチャーさせて頂きます。撮影した画像をその日のうちに振り返れる講習とプリントサービス付きですのでおすすめの講座です。

暗い室内で、ピントが合わせにくく、ぶれやすい中、上手に撮影する方法を学びましょう。イルカショーでは、動きの早いものをしっかりぶらさないで撮影するテクニックが学べます。室内が幻想的なので、ドラマチックな撮影をしてみましょう。 【どんな場所か】  ○光の演出と水しぶきでドラマチックな撮影ができる室内型のイルカショーが特徴  ○さまざまな色でライティングされたクラゲ展示ゾーン 【こんな方におすすめ】  ○ 初心者の方 ○ 暗い中で室内撮影にチャレンジしたい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(24mm〜70mmくらいのお手持ちの標準域のレンズ。イルカショーは200㎜くらいのレンズや明るい単焦点レンズなどがあれば尚良いです)、電池【講師からのメッセージ】  水族館という暗い中での撮影で、ぶれないように撮れるようになり、幻想的な1枚を撮りましょう。カメラ初心者の方も大歓迎です。 ※入園料2,300円が別途かかります

東京駅丸の内から有楽町迄の界隈をスナップ撮影しながら歩きます。光や影も意識しながら撮影してみましょう。【どんな場所か】○ 東京駅丸の内のビル群○ 高級ブティックなどが集まるおしゃれなエリア【こんな方におすすめ】○ 写真を始めたばかりの方で撮り方がわからない方○ 自分の写真がマンネリでもうワンランクステップアップしたい方○ カメラを買ったけど何を撮ったら良いかわからない方○ 近所でのお散歩カメラを始めたい方【当日のお持物】カメラは特に問いませんのでお手持ちのカメラにてご参加ください。スナップ撮影ですのでなるべく軽装での機材をお勧めします。※三脚は使用しません※今までに撮影したプリント(5枚以内)をお持ちいただければ講評いたします   (おひとり5枚以内・サイズ不等・撮影会以外のプライベートで撮影された写真でも結構です)【講師からのメッセージ】カメラの設定から被写体へのレンズの向け方など自己流ではなかなか気づかない内容をやさしくご紹介いたします。スナップ撮影ですのでカメラやレンズもあれこれ持たずに絞ってご参加されると良いと思います。例えば標準レンズや50mm単焦点1本のみと言った選択も良いでしょう。オールドレンズでのご参加も大歓迎です。

空港を離れて楽しめる、公園での飛行機撮影です。夕暮れの空港と飛行機を絡め、楽しめます。空港デッキでの撮影とは一味違う作品作りのポイントを学びましょう。 【どんな場所か】 ○ 羽田空港のA滑走路を中心に飛行機の離着陸が臨める ○ 夕暮れの空港のイルミネーションが楽しめる 【こんな方におすすめ】 ○ 被写体発見眼を養いたい方 ○ 「動きもの」「夕景撮影」に挑戦してみたい方 ○ 夕景の飛行機など「動きもの」に興味がある方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズーム、望遠200?程度)三脚、レリーズ 【講師からのメッセージ】  夕暮れにはエアポートのイルミネーションと飛行機のコラボレーションを楽しみながら撮影できます。 ※バス代片道210円がかかります  ※雨天中止

1月11日に開催予定でしたが1月29日に変更になりましたふわっとした柔らかい写真表現にはボケが必要不可欠です。ちょっとしたコツを学ぶことで簡単に撮影できるようになります。屋内で撮影しますので軽装でご参加いただけます。 【どんな場所か】 ○ 館内には手入れの行き届いたお花がたくさん咲いています。天候によっては屋外ガーデンにて撮影できます。 ○ すぐ前が稲毛の浜、とても環境の良いところにある施設です。 【こんな方におすすめ】 ○ 写真を始めたばかりの方で何をどう撮ったら良いかがわからない方 ○ 自分の写真がマンネリでもうワンランクステップアップしたい方 ○ マクロレンズを購入したけど使いこなせていない方 ○ ボケを活かした写真を撮ってみたい方 【当日のお持物】 デジタル一眼カメラ推奨。レンズは、マクロレンズもしくは望遠レンズ。標準レンズのみでも参加可能。※三脚は使用しません ※今までに撮影したプリントをお持ちいただきましたら講評します。  (おひとり5枚以内・サイズ不等・撮影会以外のプライベートで撮影された写真でも結構です)【講師からのメッセージ】お花の撮影で基本を身に付けると他にも応用が利くので特に初心者の方にはお勧めの講座です。カメラの設定から被写体へのレンズの向け方など自己流ではなかなか気づかない内容をやさしくご紹介いたします。 ※入館料300円が別途かかります。

東京の代表的な観光スポットである東京スカイツリー®。その大きな魅力の一つに夜空に輝くライトアップがあります。今月から三回にわたり「東京スカイツリー®のある夜景」をいくつかの場所・角度から撮影します。今月はまず浅草近辺の隅田川沿いから見える東京スカイツリー®夜景の撮影です。 【どんな場所か】 ○ 浅草の隅田川沿い各所から東京スカイツリー®を入れた夜景を撮影します  ○ 綺麗にライトアップされた隅田川の橋も撮影します 【こんな方におすすめ】  ○ 夜景好きな方、夜景を撮ってみたい方  ○ 夜景を撮る設定が良くわからない方  ○ 夜のスカイツリーを撮ってみたい方  ○ 川面に映るリフレクションを撮ってみたい方 【当日のお持物】  カメラ、レンズ(標準ズーム)、三脚、ケーブルレリーズ、防寒対策、懐中電灯 【講師からのメッセージ】  カメラの絞り(F値)、シャッター速度、ISO感度の設定を できるよう事前に確認していただくとスムーズです

※1月16日の開催予定でしたが1月30日に変更いたしました人気映画のロケ地として有名な柴又帝釈天やその周辺をカメラで切り取りましょう。【どんな場所か】〇 柴又駅から続く帝釈天の参道はとても賑やかです○ 映画の雰囲気を楽しみながら撮影できます○ 帝釈天以外にも庭園や彫刻など魅力的なポイントが たくさんあります【こんな方におすすめ】○ 1月の柴又の賑わいを撮りたい方○ ストリートフォトのコツをマスターしたい方○ 下町の雰囲気を味わいたい方【当日のお持物】カメラ、レンズ(スナップ向きの標準ズームレンズ等)【講師からのメッセージ】身軽な装備で軽快に撮影してみましょう。

早春を告げる菜の花をいつもと違った撮り方をしてみましょう。【どんな場所か】○ 駅から徒歩20分、途中300段の階段を昇ります○ 130mの小高い山には菜の花が咲き乱れ、さらに富士山、相模湾が一望できます【こんな方におすすめ】○ 絶景を感動的にまとめるための方法を習得したい方【当日のお持物】カメラ、レンズ(広角~望遠まで使います。マクロレンズはあまり使いません。)、PLフィルター(任意ですができるだけお持ちください。)【講師からのメッセージ】〇 有名な景勝地なので撮影経験のある方もいらっしゃると思います。いつも同じようなアングル、焦点距離でなく、いつもと違った個性を出してみましょう。 ※雨天中止

◆ワクチン接種済の方専用撮影会◆夕焼け空に映える海、富士山などを、幻想的にとらえてみましょう。雲や波の動きにより臨機応変に表現方法を変えながら撮影します。【どんな場所か】○ 目の前に相模湾、遠くに江の島・富士山を望む海の公園○ 日の入前の夕景から日没後のマジックアワーまで贅沢三昧の時間帯に撮影します。【こんな方におすすめ】○ 幻想的に撮るにはカメラのオート設定では不十分。カメラ設定から構図までを追求したい方。【当日のお持物】三脚必須、レリーズ、懐中電灯、NDフィルター(あれば)【講師からのメッセージ】ホワイトバランス(WB)、ピクチャースタイル(コントロール)の設定方法を予習しておいてください

約90本の梅林がある趣のある公園で、一足早い春の到来、梅を撮影します。初心者からベテランまで楽しく撮り歩けます。 被写体の発見と出会いのコツがわかります。【どんな場所か】○水戸藩の屋敷があった梅の名所で梅の花に鳥たちが飛んでくるところ【こんな方におすすめ】街角スナップが好きな方【当日のお持物】カメラ、レンズ(広角~望遠)、三脚不要※今までに撮った写真を2Lで5枚以内(任意)【講師からのメッセージ】梅の咲く都会のオアシス庭園の風景を、新しいものと古いものとを組み合わせて撮る事のできる場所です。

太陽が低くなる夕景をねらい国際フォーラムと丸の内界隈を街角スナップします。【どんな場所か】 ○ フォーラムのガラス棟は東京のランドマークの一つ ○ 懐かしいレンガ作りの建物が見られる【こんな方におすすめ】 ○ 被写体発見眼を養いたい方 ○ 街中スナップ撮影に興味のある方 ○ 都会での夕景・夜景撮影に興味のある方  【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズームレンズ、フォーラムは超広角も面白い)【講師からのメッセージ】 外灯のつき始めるオフィス街は昼間とは別世界。 運が良ければ界隈のイルミネーションを生かした撮影もできます。

カメラマニアになじみのある中野のもっと奥地へ探検に行きましょう。ちょっとノスタルジックな気持ちになる撮影のひと時を味わえます。【どんな場所か】○ 中野駅北口に広がる迷路のような商店街○ 昭和へタイムスリップしたような気分になります【こんな方におすすめ】○ 街撮りを楽しみたい方〇 中野のちょっと変わった場所を探検してみたい方○ 散策しながら被写体の見つけ方を身につけたい方○ 写真仲間を増やしたい方 【当日のお持物】普段お使いの標準レンズでも楽しめますが、35mm、50mm、16-35mmなどのレンズ(焦点距離はフルサイズ換算)があればより楽しく撮影ができます。【講師からのメッセージ】雑然とした中から被写体を見つけるコツがわかります。被写体を見つけるポイントを丁寧にお伝えします。

春が待ち遠しい季節、梅園の開花を探して撮影散歩。可憐なお花の撮影方法や枝へのレンズの向け方などマル秘テクニックをレクチャーします。 【どんな場所か】 ○ 手入れの行き届いた公共の公園 ○ 梅園だけでなくオブジェなどアート作品もあり被写体が豊富 【こんな方におすすめ】 ○ 写真を始めたばかりの方で何をどう撮ったら良いかがわからない方 ○ 自分の写真がマンネリでもうワンランクステップアップしたい方 ○ ネイチャーフォトの基本を学びたい方 ○ 柔らかいボケた写真を撮ってみたい方 【当日のお持物】 ジタル一眼カメラ推奨。レンズは、マクロレンズか望遠レンズ推奨、標準レンズのみでも参加可能です ※三脚は使用しません※今までに撮影したプリント(5枚以内)をお持ちいただければ講評いたします。  (おひとり5枚以内・サイズ不等・撮影会以外のプライベートで撮影された写真でも結構です) 【講師からのメッセージ】自然風景の中で絵になるポイントを探し出すのはなかなか難しいもの、初心者から上級者までお勧めの講座です。カメラの設定から被写体へのレンズの向け方など自己流ではなかなか気づかない内容をやさしくご紹介いたします。

今回はライトアップされた東京スカイツリー®と、車の光跡を中心に撮影。ライトアップされた隅田川の橋と東京スカイツリー®とのコラボも撮影します。【どんな場所か】  ○ 東京スカイツリー®近辺の歩道橋の上から撮影します   ○ 現地は狭いので歩行者に留意しながら撮影します(7名様限定) 【こんな方におすすめ】  ○ 夜景が好きな方  ○ 東京スカイツリー®の夜景を撮ってみたい方  ○ 車の光跡を撮りたい方【当日のお持物】  カメラ。レンズ(標準ズーム)、三脚、ケーブルレリーズ、  NDフィルター(ND4or8程度)、懐中電灯【講師からのメッセージ】 カメラの絞り(F値)、シャッター速度、ISO感度を設定出来るよう 事前に確認し練習していただくとスムーズに撮影できます

自分の好きな動物の写真を撮ってみませんか。動物の色々な表情を見つけ、それを写真に残すことで動物の可愛さなどを再発見しましょう。動物園の楽しみも倍増です。動物園でいつもと違った日常、違った時間を動物達と一緒にすごしましょう。 【どんな場所か】 チーターやハイエナ、レッサーパンダの風太くんなど会いに行きたくなる動物が沢山います 【こんな方におすすめ】  ○ 動物が好きで写真に撮ることに挑戦したい方   ○ 視点を変えて動物を見てみたい方 ○ 動物を撮るために必要なカメラの設定を知りたい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズームおよび望遠レンズ200〜400mm) 檻や金網を消して撮るには望遠レンズが必要です。 【講師からのメッセージ】 動物の写真撮影の基本を説明します。動物園にいる動物があたかも自然の中にいるような写真を撮ることにチャレンジしてみましょう。 ※入園料\700が別途かかります(モノレールフリー切符提示で20%割引)

さいたま新都心は近代的な都会の美しさ、加えて人間味を感じさせる工夫が随所に見られます。そんな異空間的な近代都市が魅せる姿を、自分流に切り撮って楽しみましょう!マジックアワー〔日没直後の美しい情景〕を考慮し、日没前後の撮影も入れた終了時刻を想定しています。【どんな場所か】 ○ さいたまスーパーアリーナを中心に近代的ビルが有機的に配置された魅力的な街です。 ○ ビル群をつなぐ歩道を歩いていると、変化する景観に魅了されてしまい、     この街を創ることに工夫を凝らした人達の心意気に驚きます。【こんな方におすすめ】 ○ 近代的な空間の魅せるダイナミックな姿を写真に捉えたい方 ○ 街並みの中に潜む情景の美しさを写しとりたい方 ○ 撮影シーン毎のカメラのセッティングの仕方を学びたい方 ○ 写真に興味を覚え、これから色々な撮影にトライしてみたい方 【当日のお持物】カメラ、レンズ(標準ズーム、普段使っているレンズ)※三脚、ストロボは使用しません【講師からのメッセージ】初心者の方にも撮影の方法を基本から分かりやすく説明します。カメラ操作のコツを掴んで自分流アレンジ写真を楽しみましょう。

【説明】写真でしか味わえない「ボケ」にもコツはあります。撮る前に方法を習い、ご自分のカメラで実際に「ボケ」を体験してみましょう。10:30~12:00 カメラのキタムラ藤沢・湘南台店内での講座後、          各自でフラワーセンターへ向かいます。14:00~16:00 フラワーセンターで撮影します。【どんな場所か】〇 四季を通して花の咲く県立公園です○ 広々しているのでゆったりと撮影に専念できます【こんな方におすすめ】○ 「ボケ」を活かした写真に自信のない方○ 初級を終えた方で、さらにきれいな感動的な「ボケ」の作品づくりをしたい方【当日のお持物】〇 望遠レンズ(100mm以上)が使いやすいでしょう【講師からのメッセージ】「ボケ」は写真だけの世界。入門者も中級者も取り組めるテーマですが、いざ始めると奥が深いことに気づきます。

小さな庭園で早春の雰囲気の味わえる素敵な場所で撮影を楽しめます。初心者からベテランまで楽しく撮り歩けます。 被写体の発見と出会いのコツがわかります。 【どんな場所か】○岩崎家三代が築いた名石の庭園の早春を撮れるところ。 【こんな方におすすめ】○公園スナップが好きな方○初心者からベテランまで楽しく撮り歩けます。 ○被写体の発見と出会いのコツがわかります。  【当日のお持物】カメラ、レンズ(広角~望遠)、三脚不要※今までに撮った写真を2Lで5枚以内(任意)【講師からのメッセージ】早春の「都会のオアシス」庭園の風景を名石と水辺風景とを組み合わせて撮る事のできる場所。※入場料150円(65才以上70円)が別途かかります。

春の訪れを「梅の花」と「枝ぶり」から感じられるように撮ります。【どんな場所か】○ 日本庭園に白梅、紅梅が600本、開花時期が異なり長く楽しめます○ 臥竜梅、緑がく梅などの珍しい梅があります【こんな方におすすめ】○ 花を主に撮影されている方○ 枝の形と梅とマッチした構図で撮りたい方○ 「梅」の撮り方を学びたい方○ ピントを合わせる場所の違いを理解したい方【当日のお持物】カメラ、レンズ(標準、望遠:200mm程度 ズーム可)【講師からのメッセージ】                                            広い三渓園の中では、「梅」が開花しているところで撮影します。  ※雨天中止※別途入園料700円がかかります

夜のヨコハマ/みなとみらいの街をカッコよく・フォトジェニックに撮ってみましょう。赤レンガ倉庫はレトロで幻想的、大さん橋付近は港町・近未来風景がたのしめます。 【どんな場所か】 〇横浜・みなとみらいエリアは絵になる写真スポットが沢山あります 【こんな方におすすめ】 ○ 夜のスナップ写真をうまく撮りたい方 ○ 昼とは違う雰囲気の写真を残したい方 ○ フォトジェニックな写真を撮りたい方 【当日のお持物】 マスク・防寒具・カメラ・F値の明るい(2.8〜4位)標準(24mm-70mm位)ズームレンズや単焦点レンズ(標準50mm付近) 三脚は不要です。 【講師からのメッセージ】 夜のみなとみらいエリアの光景を印象的にスナップ撮影します。 三脚を使わずに身軽に撮るコツをアドバイスします。

ダイヤモンド富士は、富士山頂に重なった太陽がダイヤモンドのように美しく輝く現象です。ぜひ幸運のチャンスを獲得しましょう。事前情報により撮影場所(集合場所)を変更する場合があります。天候によっては富士山、太陽が撮れない場合もございます。予めご了承ください。【どんな場所か】○ 千葉市の海岸からは東京湾越しの美しい姿が撮影出来ます。○ 海岸の砂浜に並んで撮影します。【こんな方におすすめ】○ 美しい夕景を撮影したい方○ 三脚の使い方を習いたい方○ 望遠レンズでの撮影にチャレンジしたい方【当日のお持物】デジタル一眼カメラ推奨、レンズは望遠ズーム(100mm以上)があると大きく撮影できるので便利です。400mm位だとかなりの迫力になります。お持ちの方はNDフィルター(ND16程度) 三脚※今までに撮影したプリント(5枚以内)をお持ちいただければ講評いたします。   (おひとり5枚以内・サイズ不等・撮影会以外のプライベートで撮影された写真でも結構です)【講師からのメッセージ】自然相手ですので2日間企画しました。美しい姿が見られることを祈っております。曇りの場合も海辺での撮影ポイントはたくさんあり三脚を使用した海景撮影のレクチャーをいたします。

ダイヤモンド富士は、富士山頂に重なった太陽がダイヤモンドのように美しく輝く現象です。ぜひ幸運のチャンスを獲得しましょう。事前情報により撮影場所(集合場所)を変更する場合があります。天候によっては富士山、太陽が撮れない場合もございます。予めご了承ください。 【どんな場所か】  千葉市の海岸からは東京湾越しの美しい姿が撮影出来ます。 ○ 海岸の砂浜に並んで撮影します。 【こんな方におすすめ】 ○ 美しい夕景を撮影したい方 ○ 三脚の使い方を習いたい方 ○ 望遠レンズでの撮影にチャレンジしたい方 【当日のお持物】 デジタル一眼カメラ推奨、レンズは望遠ズーム(100mm以上)があると大きく撮影できるので便利です。400mm位だとかなりの迫力になります。お持ちの方はNDフィルター(ND16程度) 三脚 ※今までに撮影したプリント(5枚以内)をお持ちいただければ講評いたします。   (おひとり5枚以内・サイズ不等・撮影会以外のプライベートで撮影された写真でも結構です)【講師からのメッセージ】自然相手ですので2日間企画しました。美しい姿が見られることを祈っております。曇りの場合も海辺での撮影ポイントはたくさんあり三脚を使用した海景撮影のレクチャーをいたします。

街中にある梅林で春の訪れを撮影します。【どんな場所か】○ 街中にある小高い丘で、周辺には高い建物がなく広々としています。○ 形の良い梅林として再生されています。【こんな方におすすめ】○ 花が好きな方〇 難しい「梅」の撮り方で悩んでいる方〇 ボケの使い方により、「梅」を美しく撮りたい方○ 枝の処理の仕方を知りたい方【当日のお持物】カメラ、レンズ(標準、望遠:200mm程度 ズーム可)【講師からのメッセージ】                             駅から目的地まで坂道を通ります。※雨天中止

都会のオアシスを彩る紅梅白梅を様々な撮り方でカメラにおさめてみましょう。【どんな場所か】○ 都市部とは思えない、500本の梅が咲き誇ります○ 多くの梅の木を間近で撮影することができます 【こんな方におすすめ】○ 梅の花の撮り方を知りたい方○ ストリートフォトのコツをマスターしたい方○ 季節の移り変わりを感じたい方【当日のお持物】カメラ、レンズ(標準ズームレンズを基本に望遠ズームレンズやマクロレンズ等)、三脚(必要な方)、PLフィルター【講師からのメッセージ】自由な撮影ポジションで様々な角度からねらってみましょう。

立石海岸といえばそびえ立つ岩が有名ですが、ラインの美しい海岸線や、人工物が入りにくい地形など、他にも撮影スポットはたくさんあります。自分だけの立石を探 してみませんか。 【どんな場所か】 ○ 「かながわの景勝50選」に選ばれた自然公園 ○ 海に突き出た奇岩が有名、西向きのため夕景が最高 【こんな方におすすめ】 ○定番写真とは違う立石を撮りたい方 ○ 夕景撮影に慣れていない方 【当日のお持物】三脚(必須)、レリーズ、ND(8,16程度)フィルター、懐中電灯 【講師からのメッセージ】 立石と言えば手前に岩を置いた定番写真が99.5%を占めますが、立石には別な魅力がたくさんあります。

蔵前近辺からの東京スカイツリー®夜景と橋とのコラボを中心に撮影します。前二回で勉強した夜景の撮り方、光跡の撮り方を応用して撮影します。1月と2月に参加していない方もご参加できます。 【どんな場所か】 ○ 蔵前近辺で隅田川の夜景と東京スカイツリー®を撮影します   ○ 橋上から車の光跡と東京スカイツリー®を撮影します 【こんな方におすすめ】   ○夜景好きな方、夜景を撮りたい方  〇東京スカイツリー®夜景を撮りたい方  ○車や屋形船の光跡を撮りたい方 【当日のお持物】   カメラ、レンズ(標準ズーム)、三脚、ケーブルレリーズ、 懐中電灯、  NDフィルター(ND8or16) 【講師からのメッセージ】   前二回で学んだ夜景の撮り方、光跡の撮り方を応用して   東京スカイツリー®夜景の集大成とします

鉄道写真から風景写真までさまざまな被写体に挑戦しましょう。  【どんな場所か】 ○ 吉祥寺に隣接する緑豊かなボート池と京王井の頭線が走る公園 【こんな方におすすめ】 ○ 休日にカメラを持って散策を楽しみたい方 ○ 新しい発見をしたい方 ○ もっと、素敵な一枚をゲットしたい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズーム及び中望遠100?前後) カメラの取り扱い説明書・雨具 (必要に応じて) 【講師からのメッセージ】 多くの被写体に出会える場所です。今まで撮影したことのない被写体にも挑戦してみましょう。

広い公園でダイナミックな風景を撮影してみましょう。 【どんな場所か】 ○ 駅前から広がる整備された公園です。 ○ 園内には観覧車、展望台、バードウォッチングなどさまざまな施設があります。 【こんな方におすすめ】 ○ 写真を始めたばかりの方で撮り方がわからない。 ○ 自分の写真がマンネリでもうワンランクステップアップしたい。 ○ カメラを買ったけど何を撮ったら良いかわからない。 ○ 近所でのお散歩カメラを始めたい。 【当日のお持物】 デジタル一眼カメラ推奨。レンズは、標準レンズと望遠レンズの2本があると便利です。※三脚持参(無くても参加可能です) ※今までに撮影したプリント(5枚以内)をお持ちいただければ講評いたします。   (おひとり5枚以内・サイズ不等     ・撮影会以外のプライベートで撮影された写真でも結構です) 【講師からのメッセージ】 整備された公園施設でバリエーション豊かな撮影が可能です。 当日の天候に合わせて向く被写体や向かない撮影方法などをレクチャーしながら園内を散策しましょう。

なぜか空港に行くと、こころが自然とワクワクします。飛行機の醍醐味も空港独特のワクワク感もまとめて空港スナップしましょう。【どんな場所か】 ○ 空港内展望デッキから飛行機の離着陸が撮影できる ○ 展望デッキ、ターミナル内での雰囲気を味わえる【こんな方におすすめ】 ○ 被写体発見眼を養いたい方 ○ 空港の雰囲気が好きな方 ○ 飛行機撮影に興味のある方【当日のお持物】 カメラ、レンズ(スナップは標準ズームレンズ、飛行機撮影には望遠レンズ)   PLフィルター、三脚(任意)【講師からのメッセージ】 飛行機も空港の雰囲気も シャッタースピードの変化(高速・低速)で 画柄を変えながら表現ができます。

海辺での夕景撮影をドラマチックに撮影してみましょう。【どんな場所か】○ 駅前から広がる整備された公園です。○ 園内には観覧車、展望台、バードウォッチングなどさまざまな施設があります。【こんな方におすすめ】○ 写真を始めたばかりの方で撮り方がわからない。○ 自分の写真がマンネリでもうワンランクステップアップしたい。○ カメラを買ったけど何を撮ったら良いかわからない。○ 近所でのお散歩カメラを始めたい。【当日のお持物】デジタル一眼カメラ推奨。レンズは、標準レンズと望遠レンズの2本があると便利です。※三脚持参(無くても参加可能です)※今までに撮影したプリント(5枚以内)をお持ちいただければ講評いたします。   (おひとり5枚以内・サイズ不等・撮影会以外のプライベートで撮影された写真でも結構です)【講師からのメッセージ】 整備された公園施設でバリエーション豊かな撮影が可能です。

なんとなく撮るのではなく、動物が見せる動きや豊かな表情を、 構図やシャッタースピードを考えながら撮影し、ひとつの作品に 仕上げていくコツをお伝えします。 【どんな場所か】 クロサイをはじめとする世界の希少草食動物が見られるだけでなく自然環境も楽しめます。 【こんな方におすすめ】 ○ 動物が好きで写真に撮ることに挑戦したかった方 ○ 普通の写真の撮り方に工夫を加えてみたい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズームおよび望遠レンズ200㎜〜400㎜) 遠くの動物を撮ることが多いので望遠レンズは必要です。 【講師からのメッセージ】 動物園までの道、動物園内も坂道が多いので歩きやすい服装、靴をお薦めします。 ※入園料一般\500が別途かかります

川越というと歴史的な風景で有名です。そこには、蔵、大正ロマン、昭和レトロと様々な撮影ポイントが満載。このような情景を自分流に切りとってみる楽しみを満喫しましょう! 【どんな場所か】 ○ 小江戸と呼ばれる、蔵が建ち並ぶ歴史的な街並みです ○ 大正ロマン、昭和レトロの原風景の中に今の生活も息づいています 【こんな方におすすめ】 ○ 単なる旅行写真に一味加えて撮影してみたい方 ○ 歴史的な風景に今の生活の息遣いを写し撮りたい方 ○ 撮影シーン毎のカメラのセッティングの仕方を学びたい方  ○ 写真に興味を覚え、これから色々な撮影にトライしてみたい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズーム、普段使っているレンズ) ※三脚、ストロボは使用しません 【講師からのメッセージ】 初心者の方にも撮影の方法を基本から分かりやすく説明します。カメラ操作のコツを掴んで自分流アレンジ写真を楽しみましょう。

大きく波打つガラス壁面が特徴的な美術館でスタイリッシュな写真を撮ってみませんか ※午前・午後の部ともに同じ内容です 【どんな場所か】  ○ 建築家 黒川紀章さんが「森の中の美術館」をコンセプトに設計。   建物自体がアートな美術館です  ○ ガラスカーテンウォールが美しい曲線を描く建築デザインで、     ガラス張りの構造から光が館内に射光が差し込み独特な雰囲気を味わえます 【こんな方におすすめ】  ○ 美術館自体がアートな雰囲気でそれを活かした写真が撮りたい方  ○ フォトジェニックな写真を撮りたい方  〇 国立新美術館で撮ったことがあるけれど、どう撮ったらよいかわからなかった方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ(24mm-200mm位おススメ) *超広角レンズお持ちの方は更に表現が広がります。 【講師からのメッセージ】 特徴のある建築美やガラス窓等活かした印象的な写真を撮りましょう。

大きく波打つガラス壁面が特徴的な美術館でスタイリッシュな写真を撮ってみませんか ※午前・午後の部ともに同じ内容です 【どんな場所か】  ○ 建築家 黒川紀章さんが「森の中の美術館」をコンセプトに設計。    建物自体がアートな美術館です   ○ ガラスカーテンウォールが美しい曲線を描く建築デザインで、    ガラス張りの構造から光が館内に射光が差し込み独特な雰囲気を味わえます 【こんな方におすすめ】   ○ 美術館自体がアートな雰囲気でそれを活かした写真が撮りたい方   ○ フォトジェニックな写真を撮りたい方   〇 国立新美術館で撮ったことがあるけれど、どう撮ったらよいかわからなかった方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ(24mm-200mm位おススメ) *超広角レンズお持ちの方は更に表現が広がります。 【講師からのメッセージ】 特徴のある建築美やガラス窓等活かした印象的な写真を撮りましょう。

春のどうぶつ達をまるでサバンナにいるように撮影します。  【どんな場所か】 ○ 広々とした草原に、チーター、シマウマなどがいる”サバンナ”で撮影します。 【こんな方におすすめ】 ○ 野生動物の迫力、素顔に触れたい方 ○ 動物園らしさを出さずに、あたかも大自然の中で撮影するコツを習得します。 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(200〜300mm以上の望遠レンズをおすすめします。) 【講師からのメッセージ】 〇 動物写真は一瞬の表情を見逃さないことが大切です。またカメラ設定も普段の撮影とは少し違います。そんなコツを身につけましょう。 ※入園料¥800が別途かかります。

横浜の夜の風情を切り取ります。夜のとばりを背景に、建物への照明や街灯、水面のリフレクションなどにより浮き上がる被写体を夜を意識しながら撮影しましょう。 【どんな場所か】 ○ 横浜の夜を感じながらスナップを楽しめるコース 【こんな方におすすめ】 ○ 夜のスナップ撮影を楽しみたい方 ○ 明暗差による表現を身につけたい方 ○ 散策しながら被写体の見つけ方を身につけたい方 ○ 写真仲間を増やしたい方 【当日のお持物】 三脚は必要ありません。普段お使いの標準レンズでも楽しめますが、今回の撮影は24-70F2.8、35mmF1.4、1.8、50mmF1.4、1.8などのレンズがあればより楽しく撮影ができます。 【講師からのメッセージ】 夜のスナップをするときの被写体の見つけ方を勉強しましょう。建物の照明や街灯を使って、スナップ撮影を楽しみます。デジタルカメラの高ISO対応を上手く使って、夜の横浜を魅力的に撮影しましょう。

隅田川を臨む下町でのポートレート撮影。モデルさん2人と散策しながら、人物撮影のポイントを掴みましょう。 【どんな場所か】 ○下町の雰囲気を感じながらスカイツリーを臨める ○ 近くに桜の名所がある 【こんな方におすすめ】 ○ モデルさんをきれいに撮ってみたい方○ 風景の中の人物を撮ってみたい方 ○ カメラ設定を知りたい方 ○ 光の生かし方を知りたい方 【当日のお持物】カメラ、レンズ(標準ズームレンズ、100mm前後の中望遠)  【講師からのメッセージ】 隅田川沿いでポートレート撮影をしながら、桜など春の雰囲気を楽しめるかもしれません。※雨天中止

撮影地までの道のりも素敵な遊歩道。いろいろな被写体が探せます。【どんな場所か】○ 多摩川の堤防から、いろいろな鉄道(多摩モノレール・中央線)を撮影する事ができます【こんな方におすすめ】○ 休日にカメラを持って散策を楽しみたい方○ 鉄道写真で新しい発見をしたい方○ もっと、素敵な一枚をゲットしたい方 【当日のお持物】カメラ、レンズ(標準ズーム及び望遠)PLフィルター (お持ちでしたら)カメラの取り扱い説明書・雨具 (必要に応じて)【講師からのメッセージ】いろいろな被写体・構図に出会える場所です。今まで撮影したことのない被写体にも挑戦してみましょう。

春の動きのある動物たちを中心に、春の花たちも素敵に撮れます。初心者からベテランまで楽しく撮り歩けます。被写体の発見と出会いのコツがわかります。  【どんな場所か】 動物たちとのふれあいがテーマの動物園と植物園が融合した施設 【こんな方におすすめ】 ○動物スナップが好きな方  ○初心者からベテランまで楽しく撮り歩けます。  ○被写体の発見と出会いのコツがわかります。 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(広角〜望遠)、三脚不要 ※今までに撮った写真を2Lで5枚以内(任意) 【講師からのメッセージ】 いつもとは違う春の動植物園の情景を撮り歩き、動物スナップのコツが学べます。

川沿いに400本の桜が咲く桜並木で、雄大な桜を撮影します。 【どんな場所か】 ○ 川の両岸に3km続く桜並木です ○ 雄大な桜並木が恩田川を覆っています 【こんな方におすすめ】 ○ 花が好きで、雄大な「桜」を撮りたい方 〇 ホワイトバランスの設定で、「桜」を美しく撮りたい方 ○ 川と桜の構図を最適なものにしたい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準、望遠:200mm程度 ズーム可) 【講師からのメッセージ】バスの便もありますが、駅から徒歩で行きたいと思います。全て平坦な道です。 ※雨天中止

ポピュラーなフォトさんぽのメッカ、谷根千の桜咲く春爛漫の情景を撮り歩きます。 初心者からベテランまで楽しく撮り歩けます。 被写体の発見と出会いのコツがわかります。  【どんな場所か】 主要な神社を中心に築かれた、今なお昔ながらの雰囲気のある街です。 【こんな方におすすめ】 ○街角スナップが好きな方【当日のお持物】 カメラ、レンズ(広角〜望遠)、三脚不要 ※今までに撮った写真を2Lで5枚以内(任意) 【講師からのメッセージ】 いつもとは違う桜咲く春爛漫の谷根千の情景を撮り歩き、街角スナップのコツが学べます。

成田空港を離着陸する飛行機を間近でみられる公園「さくらの山」で、この時期にしか撮れない飛行機と桜の組み合わせをねらってみましょう。【どんな場所か】○ 成田空港A滑走路の北端に位置する自然豊かな公園です○ 北風の場合は離陸する飛行機を、    南風の場合は着陸する飛行機をねらえます【こんな方におすすめ】○ 飛行機と桜の組み合わせを撮りたい方○ 国際色豊かな飛行機を撮りたい方【当日のお持物】カメラ、レンズ(飛行機をねらう場合は望遠レンズを、桜との組み合わせは標準ズームレンズがお勧めです)、三脚(必要な方)【講師からのメッセージ】来年は国際線もたくさん飛んでくれることを期待してのぞんでみましょう。

カタクリと桜 鉢形城で春を満喫!春の妖精カタクリ、エドヒガン(樹高18m、寄居町天然記念物)、ニリンソウなどの山野草など被写体が多い、カタクリと桜のツーショットが撮れる希少な場所です。■撮影会 8 : 00 〜 10 : 00  撮影会後に各自移動(30km 60分)■講評会と講習  11 : 30 〜 13 : 00  カメラのキタムラ埼玉・坂戸店【どんな場所か】  国指定史跡である鉢形城跡の公園【こんな方におすすめ】 ○ 花の撮影は好きだがワンパターンになる方 ○ カタクリの写真は上からしか撮っていない方【当日のお持物】 標準ズーム、望遠ズーム、マクロレンズ、三脚(なくても良い)、レリーズ                                   【講師からのメッセージ】カタクリだけではなく、この時期は山野草が咲き、楽しい散歩が楽しめます。なかでも、エドヒガンは立派です。夜間の撮影にも役立つ、夜間の星と桜のコラボ撮影のノウハウ教えます。城としての鉢形城に興味ある方は、「江戸城天守を再建する会」の支部長である講師が別途解説します。★A4プリント2枚付きです

朝の光を活かした桜を、のびのびと撮影してみませんか? 【どんな場所か】   ○ 公園内には山桜、ソメイヨシノ、大島桜など約230本の桜が見られます   ○ 3月下旬〜4月上旬が見ごろの予定です 【こんな方におすすめ】   ○ 時間を有効活用したい方   ○ 早朝撮影にチャレンジしたい方   ○ 桜をゆっくりと撮影したい方   ○ 光を活かした撮影をしたい方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ(標準ズームレンズ・持っている方は望遠レンズ)※三脚は使用しません。 【講師からのメッセージ】 見頃の時期になると多くの花見客で賑わう北の丸公園で、人が少ない時間帯をねらって、ゆっくりと歩いて撮影します。楽しい朝活にしましょう!

1種類の花高画でなく花のコラボ、つまり2つ以上の 花を組合せた画づくりをしてみましょう。  【どんな場所か】 ○ この時期は、チューリップか、桜、スイセンなどが咲きます。 【こんな方におすすめ】 ○ 花写真というと1種類の花を狙いがちですが、視点を変えて、複数の花を狙う個性を磨きたい方 【当日のお持物】 レンズは広角〜望遠、マクロレンズも使います。 【講師からのメッセージ】 花の撮り方のイメージを1つのパターンだけでなくさまざまなパターンで撮る練習をしましょう。※入園料¥450が別途かかります

身近なお花見スポットで、桜と横浜の景色を組み合わせて撮ります。 【どんな場所か】 ○ 横浜のお花見スポット、園内には160本の八重桜が植えられてます。 ○ 桜木町から徒歩15分、アクセスが良い場所です。 【こんな方におすすめ】 ○ 花を撮ること好きな方。 〇 建物と桜を入れた構図をチャレンジしたい方。 〇 ボケの使い方により、「桜」を美しく撮りたい方。 ○ 身近な撮影スポットでポイントを知りたい方。 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準、望遠:200mm程度 ズーム可) 【講師からのメッセージ】掃部山公園での撮影終了後、徒歩15分で汽車道の桜を撮影する予定です。※雨天中止

早めの春を探しながら、荒川線沿線の町並みをスナップ撮影します。様々なものを探して、楽しんで撮影してみましょう。【どんな場所か】都電荒川線の愛称として「東京さくらトラム」という名がつけられるほど、桜に囲まれた路面電車が撮影できる場所【こんな方におすすめ】 ○ たのしく歩いたり、乗ったり、被写体を見つけながらスナップ撮影したい方 ○ 鉄道はじめての方も歓迎【当日のお持物】カメラ、レンズ(24mm~70mmくらいの標準)【講師からのメッセージ】都電荒川線沿線らしいスナップや、桜もねらいたいところ。楽しくスナップしながら都電荒川線を楽しみましょう。初めて鉄道を撮る方も大歓迎です。※1日乗車券400円が別途かかります

都内の桜のメッカ、上野公園にて桜の撮影をします。公園中心の混雑するエリアを避け、望遠レンズで桜景色を撮影します。 【どんな場所か】○ 都内有数の桜ポイント ○ 不忍池の周辺の桜が水面に映り美しい 【こんな方におすすめ】 ○ 風景写真を習いたい ○ 毎年、桜を撮影するがいまいちパッとしない ○ 自分の感動のまま写真に写し込みたい ○ 身近なポイントで撮影を楽しみたい 【当日のお持物】 デジタル一眼カメラ推奨。レンズは望遠レンズ(70-200mm)があると便利、標準ズームのみでも参加可能。三脚は使用しません。 ※今までに撮影したプリント(5枚以内)をお持ちいただければ講評いたします。   (おひとり5枚以内・サイズ不等・撮影会以外のプライベートで撮影された写真でも結構です)【講師からのメッセージ】遠くまで出向かなくても桜撮影は十分に出来ます。ただし不要な障害物も多く構図や切り取り方にひと工夫が必要になります。講師の撮影した画像をその場で確認できるのは撮影セミナーのメリットです。撮影した画像を失敗例も含めてたくさんお見せする予定です。

平日も開催することといたしました。【平日の日程】<10月>■10月14日(木)14:00-16:00 ■府中郷土の森博物館<11月>■11月11日(木)13:00-15:00■白丸駅界隈<12月>■12月9日(木)16:00-18:00■お台場<1月>■1月27日(木)14:00-16:00■皇居東御苑 二の丸庭園<2月>■2月17日(木)15:00-18:00■JR鶴見線沿線<3月>■3月24日(木)14:00-16:00■神代植物公園*土日の内容を同様でございます。*平日・土日ともにご参加も可能でございますが その場合にはそれぞれ参加費がかかります●参加費は各回、PCC会員3,000円(税込)、一般4,500円(税込)※第1回撮影会終了以降にご入部された場合でも、写真部年会費は10,000円とさせていただきます※別途入場料などの料金がかかる場合がございます【定員】 20名 ※下方にある「募集定員」の欄には抽選枠の定員のため50名と記載しております。※お申込みの流れ※1ご希望の写真部の参加申込みをこちらのページからお願いいたします。※定員以上のお申込みがある場合には抽選とさせていただきます。2参加申込み完了後、1月15日までに抽選結果をメールにてご案内いたします。3当選された方へは各回の申込案内をお送りいたしますので、参加ご希望の回をお申込みください。

会員価格:10,000円(税込)

通常価格:10,000円(税込)

申込受付終了しました

詳細はこちら

●参加費は各回、PCC会員3,000円(税込)一般4,500円(税込)           6月・10月は PCC会員6,000円(税込)一般7,500円(税込) ※8月撮影会を「講評会」に変更いたしました。日程:8月22日(日) 開催場所:小原田近辺の会場※参加費は、モデル料金・スタジオ使用料などを含んだ金額です ※別途入場料などの料金がかかる場合がございます※第1回撮影会終了以降にご入部された場合でも、写真部年会費は10,000円とさせていただきます【定員】 20名 ※下方にある「募集定員」の欄には抽選枠の定員のため50名と記載しております。※お申込みの流れ※1ご希望の写真部の参加申込みをこちらのページからお願いいたします。※定員以上のお申込みがある場合には抽選とさせていただきます。2参加申込み完了後、1月15日までに抽選結果をメールにてご案内いたします。3当選された方へは各回の申込案内をお送りいたしますので、参加ご希望の回をお申込みください。

会員価格:10,000円(税込)

通常価格:10,000円(税込)

キャンセル待ち

詳細はこちら