関東地区の写真教室

  • :撮影実習
  • :座学
  • :初心者にオススメ

都会のオアシスさんぽ 多摩動物公園夕景編多摩動物園の動物たちの夕方から黄昏にかけての情景を撮りつつ、被写体の発見と動物写真の撮り方について、何をどう撮るかを学べます。この時期は暑いため、夕涼みがてら、夕方の動物を愛でながら、楽しく撮影できます。*入場料600円 65歳以上300円が当日かかります*開催時間が変更となりました

 空席が少なくなっています。

空港フォトさんぽ(8/15)

夏らしいヒコーキ写真を撮ってみよう! 時速300kmで離着陸するヒコーキを撮るには、コツが必要です。 単なる飛行機図鑑写真を卒業して、季節感のあるヒコーキ写真を撮るコツ、 ヒコーキ写真の構図が学べます

 空席が少なくなっています。

フォトメソッド・神奈川(8/23)

横須賀・軍港めぐりクルーズと「ドブ板通り」スナップ撮影軍港めぐりクルーズで様々な艦船や潜水艦などを船上から望遠レンズで狙います。そのあと、商店街「ドブ板通り」を散策しながらスナップ撮影を楽しみます。*別途クルーズ代(1500円)がかかります

空席僅かです、お急ぎください。

デジカメマスター・東京(8/29)

穴場感満載の街 中野ブロードウェイ、サンプラザなど音楽やサブカルチャーの街として多くの著名人も行き交う中野周辺を歩きます。写真用品会社や中古ショップなど写真との関わりも深い中野ですが、駅前を外れると下町が広がります。人の気配が絶えない賑やかな街を歩きましょう。路地を歩くこともあるので35mm程度の広角レンズがあれば便利です。狭い空間を素早く歩きながらのスナップは安定した構図が難しくとっさの判断が必要です。スナップに便利な設定などを考えてみましょう。初心者の方も大歓迎です。露出、レンズワークなどなど撮影技術でわからない項目などがあれば気軽にご質問ください。

作品講評会これまでの撮影会での作品や普段撮影している写真の作品講評会です。あらゆる疑問・質問にお答えします。

一粒で二度おいしい 乗り物撮影編新しくなった羽田空港の近くで、東京モノレールと羽田を離発着するヒコーキを同時に撮影します。カメラの設定を変えることにより日常の景色が夢の世界に変わります。

 空席が少なくなっています。

講師 二人三脚 サポートレッスン(9/5)

チョットした工夫で身近なものがテーマになる 銀座・丸の内散歩 船をイメージした建物は窓から天井までガラス張り、形の面白さやガラスへの映り込みを、 印象深く表現するポイントを学び、周辺もスナップ撮影しながら散策します。カメラのアングルやポジションの違いによる表現力を、楽しく身に付けましょう。

千葉さんぽ アンデルセン公園編アンデルセン公園の風景を撮りつつ、被写体の発見について、何をどう撮るかを学べます。またこの時期は意外にも素敵な場面や風景が撮れます。*入園料900円 が当日かかります(65歳以上は無料ですので、証明書をご持参ください)

旧本所地区の面影を辿る錦糸町から鷽替で有名な亀戸天神、香取神社などを巡ります。戦後に区画が整理された錦糸町から、古い街並みが残る下町を散策。地域に息づく寺社や商店街の様子を収めます。街歩きスナップの撮影会です。身近に潜む被写体をいかに多く見つけられるか、被写体探しを楽しみます。モノクロ、単焦点などスタイルを決めて撮影してみても面白いでしょう。午後は、当日撮影した写真の講評会を開催します。午前・午後両方のご参加で、参加費は1000円引きの5000円に。

 空席が少なくなっています。

空港フォトさんぽ(9/12)

ドラマチック空港夕景 飛行機に乗るための場所「空港」は、魅力的な被写体の宝庫。 時速300kmで離着陸するヒコーキを撮るテクニックを学びます。 躍動感のある写真を撮るコツや太陽・誘導灯の光をいかした作品づくりを学びます。

都会のオアシスさんぽ 明治神宮編明治神宮の風景を撮りつつ、被写体の発見について、何をどう撮るかを学べます。またこの時期は意外にも素敵な場面や風景が撮れます。

都会の中の廃墟撮影 横須賀・猿島都会の中には、隠れた歴史遺産が残っています。そういうもの探しながら撮り歩くのもおもしろいものです。東京湾に浮かぶ無人島横須賀・猿島には、黒船来航から太平洋戦争まで、貴重な歴史的な建物が残っていて、その廃墟となった歴史的遺産を撮影します。※別途乗船料、入島料(1500円)がかかります

第2回 カッコいい写真を撮ろう世界最大級のジオラマで、列車や建物、そして人々の営みを様々な方向から撮影しながら、「撮るものをどう配置したらよいか?」を学びます。2回のコースですが、1回だけの参加でも学べることがたくさんあります。写真をこれから始める方や、「どう撮ったらよいのかわからない」、「カメラの使い方を教えてほしい」、「ミラーレスを買ったんだけどよくわからない」など写真やカメラに「?(はてな)」がある方におススメです。*別途入館料(1000円)がかかります

望遠レンズ 200%活用法望遠レンズは遠くのモノを写すだけのレンズではありません。今回は「ボケ」を活かした撮り方の徹底講座です。主役以外、背景も手前もぼかして、気品ある作品づくりを目指しましょう。*別途入園料(400円/65歳以上150円)がかかります

大人のアミューズメントパークで夜ケイバ!昼間の暑さが多少はやわらぎ、空が夕暮れ色に染まるマジックアワー。競馬場の芝がカクテル光線に照らし出されます。コンパクトな競馬場で、馬との距離が近いレースを撮影します。ホワイトバランスやシャッター速度の設定、ファインダーの中に被写体をとらえ続ける技術を磨きます。*入場料無料のクーポンがございます

斜面一面の赤い絨毯 権現堂の彼岸花桜で有名な幸手・権現堂の彼岸花を狙います。平地の彼岸花ではなかなか撮れない、土手の斜面を利用した構図を極めます。望遠レンズのボケを生かした、彼岸花が際立つ背景探しをマスターしてみましょう。

「東京トレイン」 ぶらり途中下車の旅♪のんびり走る色とりどりの車両がレトロな雰囲気を醸し出しています。鉄道車両を撮るために絶対に必要なカメラのマル秘設定方法も教えちゃいます! *1日乗車券 330円のご購入をおすすめいたします

どちらがお好き?花の競演・昭和記念公園 妖艶な彼岸花と、可愛らしいキバナコスモス。印象が異なる2種類の花に挑みます。 彼岸花はイメージ通りに撮ることが難しいですが、思い通りに撮る事が出来るように成りますよ! 一輪だけ際立たせたり、群生のボリューム感を出す撮り方が学べます。※別途入園料(450円/65歳以上210円)がかかります

深紅の大海原・巾着田の曼珠沙華海外からの観光客も多い、日本有数の曼殊沙華群生地です。その存在感はまるで大海原の様です。どこを見ても美しいですが、どう撮ったら良いか分からなくなる事もあるくらい、圧倒的です。そんな場所で『撮らされる』こと無く、イメージを具体化する為の撮り方を学べます。※別途入場料がかかります

みなとみらいを長秒時露光で表現!みなとみらいの夕景夜景を人の目では見えない、光跡撮影でチャレンジ。日没前後から夜景までの光の移り変わりを観察し、カメラ設定から表現力までポイントを伝授します。

<お披露目会> 失敗写真は今後の糧に、成功写真は今後の自信に! 動物シリーズで撮った作品以外でもOKです。「ここはよかった」「ここは悪かった」をしっかり確かめて実力アップしましょう。機材購入、撮影、レタッチ、作品公表まで、失敗例やわからない点についてお答えします。

望遠レンズ 200%活用法望遠レンズは遠くのモノを写すだけのレンズではありません。今回は「ボケ」を活かした撮り方の徹底講座です。主役以外、背景も手前もぼかして、気品ある作品づくりを目指しましょう。*別途入園料(450円/65歳以上210円)がかかります

●参加費は各回、PCC会員3,000円(税込)、一般4,500円(税込)※第1回撮影会終了以降にご入部された場合でも、写真部年会費は10,000円とさせていただきます※別途入場料などの料金がかかる場合がございます【定員】 20名 ※募集定員は抽選でのお申込みが可能な人数ですのでご注意ください※お申込みの流れ※1ご希望の写真部の参加申込みをこちらのページからお願いいたします。※定員以上のお申込みがある場合には抽選とさせていただきます。2参加申込み完了後、1月15日までに抽選結果をメールにてご案内いたします。3当選された方へは各回の申込案内をお送りいたしますので、参加ご希望の回をお申込みください。

会員価格:10,000円(税込)

通常価格:15,000円(税込)

申込受付終了しました

詳細はこちら

●各参加費…3月・6月・9月・1月・2月 PCC会員3,000円(税込)、一般4,500円(税込)         8月・10月・12月 PCC会員4,500円(税込)、一般6,000円(税込)           4月1日・4月26日・7月・11月 PCC会員6,000円(税込)、一般7,500円(税込)※参加費は、モデル料金・スタジオ使用料などを含んだ金額です        ※別途入場料などの料金がかかる場合がございます※第1回撮影会終了以降にご入部された場合でも、写真部年会費は10,000円とさせていただきます【定員】 20名 ※募集定員は抽選でのお申込みが可能な人数ですのでご注意ください※お申込みの流れ※1ご希望の写真部の参加申込みをこちらのページからお願いいたします。※定員以上のお申込みがある場合には抽選とさせていただきます。2参加申込み完了後、1月15日までに抽選結果をメールにてご案内いたします。3当選された方へは各回の申込案内をお送りいたしますので、参加ご希望の回をお申込みください。

会員価格:10,000円(税込)

通常価格:15,000円(税込)

申込受付終了しました

詳細はこちら

●参加費は各回、PCC会員3,000円(税込)、一般4,500円(税込)※別途入場料などの料金がかかる場合がございます※第1回撮影会終了以降にご入部された場合でも、写真部年会費は10,000円とさせていただきます【定員】 20名 ※募集定員は抽選でのお申込みが可能な人数ですのでご注意ください※お申込みの流れ※1ご希望の写真部の参加申込みをこちらのページからお願いいたします。※定員以上のお申込みがある場合には抽選とさせていただきます。2参加申込み完了後、1月15日までに抽選結果をメールにてご案内いたします。3当選された方へは各回の申込案内をお送りいたしますので、参加ご希望の回をお申込みください。

会員価格:10,000円(税込)

通常価格:15,000円(税込)

詳細はこちら

●参加費は各回、PCC会員3,000円(税込)、一般4,500円(税込)※第1回撮影会終了以降にご入部された場合でも、写真部年会費は10,000円とさせていただきます※別途入場料などの料金がかかる場合がございます【定員】 20名 ※募集定員は抽選でのお申込みが可能な人数ですのでご注意ください※お申込みの流れ※1ご希望の写真部の参加申込みをこちらのページからお願いいたします。※定員以上のお申込みがある場合には抽選とさせていただきます。2参加申込み完了後、1月15日までに抽選結果をメールにてご案内いたします。3当選された方へは各回の申込案内をお送りいたしますので、参加ご希望の回をお申込みください。

会員価格:10,000円(税込)

通常価格:15,000円(税込)

申込受付終了しました

詳細はこちら

●参加費は各回、PCC会員3,000円(税込)、一般4,500円(税込)※第1回撮影会終了以降にご入部された場合でも、写真部年会費は10,000円とさせていただきます※別途入場料などの料金がかかる場合がございます【定員】 25名 ※募集定員は抽選でのお申込みが可能な人数ですのでご注意ください※お申込みの流れ※1ご希望の写真部の参加申込みをこちらのページからお願いいたします。※定員以上のお申込みがある場合には抽選とさせていただきます。2参加申込み完了後、1月15日までに抽選結果をメールにてご案内いたします。3当選された方へは各回の申込案内をお送りいたしますので、参加ご希望の回をお申込みください。

会員価格:10,000円(税込)

通常価格:15,000円(税込)

申込受付終了しました

詳細はこちら

●参加費は各回、PCC会員3,000円(税込)、一般4,500円(税込)  11月のみ PCC会員6,000円(税込)、一般7,500円(税込)※第1回撮影会終了以降にご入部された場合でも、写真部年会費は10,000円とさせていただきます※別途入場料などの料金がかかる場合がございます【定員】 20名 ※募集定員は抽選でのお申込みが可能な人数ですのでご注意ください※お申込みの流れ※1ご希望の写真部の参加申込みをこちらのページからお願いいたします。※定員以上のお申込みがある場合には抽選とさせていただきます。2参加申込み完了後、1月15日までに抽選結果をメールにてご案内いたします。3当選された方へは各回の申込案内をお送りいたしますので、参加ご希望の回をお申込みください。

会員価格:10,000円(税込)

通常価格:15,000円(税込)

申込受付終了しました

詳細はこちら

●参加費は各回、PCC会員3,000円(税込)、一般4,500円(税込)  12月は座学+撮影会のため、PCC会員6,000円(税込)、一般7,500円(税込)※別途入場料などの料金がかかる場合がございます※第1回撮影会終了以降にご入部された場合でも、写真部年会費は10,000円とさせていただきます【定員】 20名 ※募集定員は抽選でのお申込みが可能な人数ですのでご注意ください※お申込みの流れ※1ご希望の写真部の参加申込みをこちらのページからお願いいたします。※定員以上のお申込みがある場合には抽選とさせていただきます。2参加申込み完了後、1月15日までに抽選結果をメールにてご案内いたします。3当選された方へは各回の申込案内をお送りいたしますので、参加ご希望の回をお申込みください。

会員価格:10,000円(税込)

通常価格:15,000円(税込)

申込受付終了しました

詳細はこちら

『フォトコンライフ』編集部からのお知らせ

連載のDVDコンテンツ「谷口泉のデジタルカメラ講座『多元描写モノクローム』」は現在発売中の2020年夏号No.82(6月9日発売)は1回お休みとなり、次号の秋号No.83(9月10日発売予定)で定です。