九州地区の写真教室

  • :撮影実習
  • :座学
  • :初心者にオススメ

《ほとんど歩かない》カメラでお悩みの方を募集しています。基本設定から使い方、レンズワークを解説します。【どんな場所か】被写体探しに困らないように植物園の素材を利用して、カメラの設定から使い方、レンズワークを解説します。撮影の素材は花とはかぎりません。最終的にはピントの調整やボカシ表現を自由にできるようになってもらうことがねらいです。 【こんな方におすすめ】 ○カメラを手にしたばかりの方 ○写真教室に通うチャンスがなかった方 ○ボカシ表現を確実に理解したい方  【当日のお持物】 カメラ・レンズ・取扱説明書・三脚は任意 【講師からのメッセージ】昨年継続してご参加いただいた方はカメラの使い方にも慣れてきて撮影中に笑顔がこぼれることもありました。カメラの使い方になれると写真は突然うまくなります。その役に立てれば幸いです。

《長時間歩く》直方レトロ地区でISO感度を上げた超高感度撮影に挑戦してレトロな雰囲気を楽しみましょう。【どんな場所か】昭和の時代には炭鉱の町として栄えた直方。いまでは小さくなってしまった商店街や旧家をリノベーションしたカフェが観光客をもてなしています。 【こんな方におすすめ】 〇レトロな雰囲気が好きな方 〇日常とは違う町を散策したい方 〇増感撮影に挑戦したい方 【講師からのメッセージ】 知っていてもほとんど使うことのないISO6400を超える超高感度撮影に挑戦します。普段使わないカメラの機能を知ることで写真表現の幅を広げましょう。

《よく歩く》旧福岡城跡から大濠公園の木々の撮影することで広角から標準、望遠まで広く学べます。【どんな場所か】 舞鶴公園のシンボルは福岡城跡。春にはお城の石垣に桜の花が彩りをそえる、歴史と憩いのセントラルパークです。公園内には、池の周辺約2キロメートルの周遊道、野鳥の森、児童遊園、能楽堂、日本庭園、および4つの橋で結ばれた中の島や浮見堂、ボートハウス等を配し休養、娯楽や体育の向上に利用されています。 【こんな方におすすめ】 ○ 初心者の方・デジタル一眼レフを初めて間もない方 ○ 写真撮影を上達させたい方 ○ 表現方法を学びたい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ、三脚(広角レンズ、標準ズームレンズ、望遠ズームレンズ) 【講師からのメッセージ】 いまさら聞けない、こんな事聞いていいのかなと思う事も何でも聞いてください。

《ほとんど歩かない》撮影実習と座学講座のセットです。カメラの仕組み、操作、撮影、パソコン操作、画像レタッチ、作品講評を行います。 【こんな方におすすめ】 ○ 写真の基本を学びたい方 ○ 今からカメラを始めたい方 ○ 撮影が上手になりたい方 【講師からのメッセージ】 ゆっくりと講座を進め、カメラの仕組み、カメラの設定、撮影・パソコン操作・画像のレタッチ・作品講評までの流れで進めていきますのでお気軽に何でもご相談ください。がんばりましょう!

《ほとんど歩かない》カメラでお悩みの方を募集しています。基本設定から使い方、レンズワークを解説します。【どんな場所か】被写体探しに困らないように植物園の素材を利用して、カメラの設定から使い方、レンズワークを解説します。撮影の素材は花とはかぎりません。最終的にはピントの調整やボカシ表現を自由にできるようになってもらうことがねらいです。【こんな方におすすめ】 ○カメラを手にしたばかりの方 ○写真教室にかようチャンスがなかった方 ○ボカシ表現を確実に理解したい方  【当日のお持物】 カメラ・レンズ・取扱説明書・三脚は任意 【講師からのメッセージ】昨年継続してご参加いただいた方はカメラの使い方にも慣れてきて撮影中に笑顔がこぼれることもありました。カメラの使い方になれると写真は突然うまくなります。その役に立てれば幸いです。

《よく歩く》大濠公園でハイキー写真に挑戦。明るさを変えた撮影や被写体の探し方を勉強します。【どんな場所か】福岡で都会のオアシス と言えば大濠公園です。公園界隈でそれぞれの夏を楽しんみながら散策します。 【こんな方におすすめ】 ○ モノクロ写真に興味のある方 ○ 新しいことを始めてみたい方 ○ 非現実的なスナップ写真に挑戦したい方 【当日のお持物】 カメラ・標準ズームレンズ 【講師からのメッセージ】 写真の失敗例としてよく言われる「白トビ」ですがちょっとしたコツを覚えて意図的に利用すれば立派なテクニックです。日なた日陰の露出差を利用した、おしゃれ感覚たっぷりのハイキー写真に挑戦しましょう。

《よく歩く》渓谷の水の流れと森の緑を初夏らしく表現しましょう。滝や渕、岩の多彩な景観の撮り方を学べます。【どんな場所か】 福岡市内唯一の渓谷である野河内渓谷は、気軽に散策が楽しめる自然体験スポットのひとつです。約3.2Kmにわたる渓谷を進むと、滝や渕や岩の多彩な景観が現れます。渓谷沿いには全長約700mの遊歩道もあります。 【こんな方におすすめ】 ○ 初心者の方・デジタル一眼レフを初めて間もない方 ○ 写真撮影を上達させたい方 ○ 表現方法を学びたい方 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(広角レンズ、標準ズームレンズ) 【講師からのメッセージ】 いまさら聞けない、こんな事聞いていいのかなと思う事も何でも聞いてください。

《ほとんど歩かない》カメラでお悩みの方を募集しています。基本設定から使い方、レンズワークを解説します。【どんな場所か】被写体探しに困らないように植物園の素材を利用して、カメラの設定から使い方、レンズワークを解説します。撮影の素材は花とはかぎりません。最終的にはピントの調整やボカシ表現を自由にできるようになってもらうことがねらいです。 【こんな方におすすめ】 ○カメラを手にしたばかりの方 ○写真教室にかようチャンスがなかった方 ○ボカシ表現を確実に理解したい方  【当日のお持物】 カメラ・レンズ・取扱説明書・三脚は任意 【講師からのメッセージ】昨年継続してご参加いただいた方はカメラの使い方にも慣れてきて撮影中に笑顔がこぼれることもありました。カメラの使い方になれると写真は突然うまくなります。その役に立てれば幸いです。

会員価格:4,000円(税込)

通常価格:4,000円(税込)

詳細はこちら

《あまり歩かない》撮影実習と座学講座のセットです。カメラの仕組み、操作、撮影、パソコン操作、画像レタッチ、作品講評を行います。【こんな方におすすめ】 ○ 写真の基本を学びたい方 ○ 今からカメラを始めたい方 ○ 撮影が上手になりたい方 【講師からのメッセージ】 ゆっくりと講座を進め、カメラの仕組み、カメラの設定、撮影・パソコン操作・画像のレタッチ・作品講評までの流れで進めていきますのでお気軽に何でもご相談ください。がんばりましょう!

《長時間歩く》若松と戸畑をつなぐレトロな若戸大橋・渡船場を夕暮れのマジックアワーに撮影します。【どんな場所か】映画のロケ地としても使われる昭和レトロ感あふれる北九州の戸畑・若松エリアで若戸大橋の夕景撮影に挑戦します。若戸大橋は2022年2月に国の重要文化財指定されました。 【こんな方におすすめ】 ○ レトロ感のある町の景色の好きな方 ○ 写真の明るさや色の調整方法を勉強したい方 【当日のお持物】 カメラ・標準ズームレンズ・広角レンズ・ソフトフィルター(お持ちの方)・三脚は任意 【講師からのメッセージ】 北九州のランドマークのひとつ若戸大橋を撮影します。徐々に日が暮れて明るさや色味が変わる景色をじっくりと撮影しましょう。若戸渡船に乗って戸畑・若松間を移動し撮影ポイントを回ります。