北陸地区の写真教室

  • :撮影実習
  • :座学
  • :初心者にオススメ

なにを!! どう撮る? 写真の基礎がわかる いきいき写真講座~みどりの中のさんぽ道を通って感性を磨く~世界的に有名な金沢出身の仏教哲学者・鈴木大拙の思想や足跡を伝える施設。水景や石垣、森の借景など3つの庭が回廊で繋がる回遊式庭園。ここでは、主役と脇役のお勉強です。 撮りたい物の発見術から表現術までマスターできますよ!*別途入館料(300円)がかかります

あんず咲くピンクの甘い風に誘われて日本一とも言われ斜面一面ピンク色に咲き乱れるあんずの里、絞りと露出補正を変えて撮ってみましょう、どんな所に気を付けたらよいかアドバイスします。 高台からの景色は一面ピンク色、遠くに残雪で白い山々が見える絶景。 足元を見ていると所々に菜の花が咲いていてピンクと黄色のコラボも楽しめます。        花や風景を自分が思っているように撮りたい人、カメラを始めて年数の浅い人大歓迎。

なにを!! どう撮る? 写真の基礎がわかる いきいき写真講座~渓谷と緑豊かな景勝地をカメラ散歩!~開湯1300年の歴史を誇る山中温泉は、総檜造りのこおろぎ橋や、大聖寺川の清流と緑豊かに彩られた鶴仙渓は渓谷美が見事。ここでは、主役と脇役の関係をレクチャーします。 撮りたい物の発見術から表現術までマスターできますよ!

風薫る大王わさび農場北アルプスの湧水を利用した日本最大規模のわさび農場。日中は直射日光を避けるため黒いネットでおおわれて緑の美しいわさび畑を見ることはできませんが、黒澤明監督の映画「夢」の舞台となった三連水車を、シャッター速度を変えて思うように撮ってみましょう。絞りとシャッター速度の関係が分かるようになります、又広大なわさび農場は遊歩道が整備されていて残雪の美しい北アルプスを観ることができます。 被写体にこだわって撮ってみたい人、カメラを始めて年数の浅い人大歓迎。

泳ぐ宝石「錦鯉」観賞用に大小の滝や橋などを配置した池の中にところ狭しと泳ぎ回る120尾の鯉。その姿の「どんなところを」どう撮ればよいか、どんな構図すればよいか絞りとシャッター速度の関係も併せてアドバイスします。感性を信じて撮ってみましょう。 餌を(100円)与えることができるので足音だけで寄ってくる姿には癒されます。動く被写体を撮ってみたい人、カメラを始めて年数の浅い人大歓迎*別途入場料510円がかかります

なにを!! どう撮る? 写真の基礎がわかる いきいき写真講座~山麓に広がる公園の花木をフォトスケッチ!~卯辰山公園は、市街地を一望する卯辰山山麓に広がり、季節毎に咲き誇る花々が魅力の公園。つつじや花菖蒲の花木をボケを生かして撮って見よう。ボケの魅力を伝授します。 撮りたい物の発見術から表現術までマスターできますよ!

花の公園「フローラルガーデンおぶせ」ぶらり散策葛飾北斎の鳳凰図をモチーフとした「鳳凰花壇」とネーミングされた庭園では、各花壇がテーマごとに季節の花を咲かせています。マクロレンズで接近して撮ったり、風景として主役を決めて撮ってみましょう。マクロレンズの特徴やフレーミングが分かるようになります。花以外に滝や小さな川に可愛い橋がかけてあったり、園内の所々に白い椅子が置いてあり、 腰掛けて花壇を観賞しながら楽しんで撮影できます。        花の撮影に興味のある人、カメラを始めて年数の浅い人大歓迎 *別途入園料 200円がかかります

あやめ咲く五十公野公園カメラスケッチ公園の一角に咲き乱れる300品種60万本のあやめ(花菖蒲)を撮影します。どの花を主役にしたら良いか、どう撮れば花が引き立つか、主役にする花の咲き方や向き、背景のぼかし方などをアドバイスします。あやめ園までの遊歩道、池が有ったり、素敵なお庭を撮ることができたりで、あやめ以外でも楽しめます。 *別途あやめ園入園協力金100円がかかります

なにを!! どう撮る? 写真の基礎がわかる いきいき写真講座~眼下に金沢の街を眺めながらカメラ散歩!~金沢市の南部に位置する大乗寺丘陵公園は、日本海まで見渡せる壮大な公園。四季折々の花木も魅力。この時期は紫陽花がお迎えです。丘陵を利用した表現術をお伝えします。 撮りたい物の発見術から表現術までマスターできますよ!