北陸地区の写真教室

  • :撮影実習
  • :座学
  • :初心者にオススメ

緑の濃い森をカメラウォッチング。視点を変えればそこは被写体の宝庫。ここでは、撮りたいものの「発見方法から表現方法」をお伝えします。【どんな場所か】 武家屋敷跡に、多くの歴史的遺産や文化施設が整備され、園内の落ち着いた風情が魅力の文化ゾーン 【こんな方におすすめ】 ○ 「何を撮れば良いの?どう撮れば良いの?」で悩んでいる方 ○ 「シャッターを押せば綺麗に撮れる」でも、ひと味違う写真を目指す方○ 「マンネリからの脱却」新鮮さを求めレベルアップを目指す方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ(広角系〜中望遠系ズームレンズ)三脚任意 【講師からのメッセージ】 「明るく・楽しく・気持ちよく」一緒に楽しみましょう

外堀一面に咲き誇るハスと遊歩道に咲かせている鉢植えのハスがあり「ハスを空に抜いて」撮れます。どんな所に注目するのか、大きな葉をどう利用するのか、アングルと構図が学べます。【どんな場所か】春は桜、夏は蓮、秋は桜の紅葉と市民憩いの場になっている城址公園 19ヘクタールを埋め尽くす蓮は東洋一と称されています。 【こんな方におすすめ】 ○ハスをどう撮れば良いかわからない方 ○ カメラ任せ(フルオートモード撮影)以外に撮ったことがない方 ○ マンネリから抜け出したい方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ(標準〜望遠ズームレンズ) PLフィルター(お持ちの方) 筆記用具  【講師からのメッセージ】 歩きやすい靴、服装でお越しください。暑さ対策も忘れずにお願いいたします。楽しく一緒にハスをカメラスケッチしましょう。

夏らしさを表現するための光の見つけ方、印象的に撮るポイントが学べます。望遠レンズや広角レンズを使ってさまざまな視点で撮ってみましょう。【どんな場所か】角田山の麓にある上堰潟公園。夏の楽しみはなんといってもヒマワリ畑。今年も約6,300本植えられているというヒマワリが見事な花を見せてくれます。 【こんな方におすすめ】 ○ 夏の花の撮り方を知りたい方                                 〇 写真の基本を学びたい方(絞り、露出補正等)                         〇 カメラの使い方を知りたい  【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズームレンズ、望遠ズームレンズ)、PLフイルター(あれば) 【講師からのメッセージ】 角田山の麓に広がる広大な公園、青い空に、ひまわりの色が映えます。夏を撮りましょう!

伝統的な出格子の茶屋が軒を連ねる街並みを、 ポジションやアングルを変えながら撮ってみよう。少しの動きで写真は変わることをお伝えします。 【どんな場所か】 ひがし茶屋街や主計町茶屋街と並んで、三大茶屋街に数えられるにし茶屋街。ひがし茶屋街の人出に比べて、にし茶屋街は観光客も少なく、ゆったりと散策しながら撮影を楽しむことができます。 【こんな方におすすめ】  ○ 「何を撮れば良いの?どう撮れば良いの?」で悩んでいる方 ○ 「シャッターを押せば綺麗に撮れる」でも、ひと味違う写真を目指す方 ○ 「マンネリからの脱却」新鮮さを求めレベルアップを目指す方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ(広角系〜中望遠系ズームレンズ)三脚不要 【講師からのメッセージ】 「明るく・楽しく・気持ちよく」一緒に楽しみましょう

柳都大橋から、萬代橋と信濃川の夕景・夜景を撮影します。初めての方も安心です。港町新潟の夜景をドラマチックに撮りましょう!【どんな場所か】新潟市中央区 信濃川下流、萬代橋、柳都大橋付近。 信濃川にかかる萬代橋や水辺の夜景が楽しめます。 【こんな方におすすめ】 ○ 夕景、夜景撮影が初めての方 ○ 光跡撮影にもチャレンジしたい方 ○ 夕景・夜景のカメラ設定方法が学べます 【当日のお持物】 カメラ、レンズ(標準ズームレンズ)三脚、NDフイルター(あれば) 【講師からのメッセージ】 夕景、夜景撮影の楽しさをお伝えします!ブルーモーメント(薄暮撮影)も楽しみましょう。

ヨーロッパの雰囲気が漂うモダンな橋や欧風の 街並みを、ただ撮るのではなく「構図と構成」を意識して撮ってみよう。ひと味違う写作品作りにチャレンジ。 【どんな場所か】 金沢一番の繁華街香林坊と藩政期の歴史を伝える長町武家屋敷跡の境界にある 「せせらぎ通り」は、水都・ベニスを思わせるハイセンスなお店が並ぶ散歩道。370年前に造られた用水が流れ、古都・金沢の情緒を感じる事ができます。 【こんな方におすすめ】 ○ 「何を撮れば良いの?どう撮れば良いの?」で悩んでいる方 ○ 「シャッターを押せば綺麗に撮れる」でも、ひと味違う写真を目指す方○ 「マンネリからの脱却」新鮮さを求めレベルアップを目指す方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ(広角系〜中望遠系ズームレンズ)三脚不要 【講師からのメッセージ】 「明るく・楽しく・気持ちよく」一緒に楽しみましょう

東向きの斜面一面を、咲き乱れる彼岸花が朱色に染めています。妖艶な感じに撮れたり、木の切り株を背景にして引き立てて撮る事ができます。背景のぼかしやアングルと構図が学べます。【どんな場所か】 雪国に咲くおもだった花、春から秋、野に咲く花を楽しめる公園 【こんな方におすすめ】 ○ いつもと違った構図で撮りたい方 ○ フルオートモード以外で撮ったことがない方 【当日のお持物】 カメラ・レンズ(標準〜望遠ズームレンズ)、PLフイルター(お持ちの方)、三脚任意、筆記用具 【講師からのメッセージ】 立入禁止内に入らないようお願いいたします。歩きやすい靴・服装でお越しください。楽しく一緒にカメラスケッチしましょう。※別途で入園料400円がかかります