中部地区の写真教室

  • :撮影実習
  • :座学
  • :初心者にオススメ

LEDライトやフラッシュを使って演出!マクロレンズで魅せる梅の花撮影春の桜の撮影に向けての準備運動として、光線状態を演出して梅の花撮影にチャレンジします。光の見極め方と演出をしっかりと覚えていただき、受講後は一人で撮影に行っても安心して撮れるようになりましょう。 花以外の撮影にも応用していただけます。マクロレンズや単焦点の明るいレンズと三脚やフラッシュがあると便利です。

参道を照らす!光の道を狙う! 嵐のCMで一躍有名になった宮地嶽神社。参道を照らす夕景を実際に撮影していただきます。初めて夕景を撮影する方、撮影に自信がない方におすすめです。! *場所取りのため、12時に集合します。撮影は夕刻からになります *『フォトライフ四季』に掲載した神社名が違っておりました。正しくは宮地嶽神社です。申し訳ございません。

世界に誇る枝垂れ梅、鈴鹿山脈に映える銘木群を狙う八重咲の品種の代表として「呉服枝垂(くれはしだれ)」を中心に研究栽培をしている庭園です。巨木にして大輪の花を多く咲かせる姿は、息をのむ美しさです。大輪を狙うのも良し、巨木を狙うのも良し、鈴鹿山脈を背に撮るも良し、思いのままです。特に巨木をどう狙うかに挑戦していただきます。平凡になりがちな被写体をより見事に見せる工夫に挑戦します。*別途入園料(1500円)がかかります

●参加費は各回、PCC会員3,000円(税込)、一般4,500円(税込)※別途入場料などの料金がかかる場合がございます※第1回撮影会終了以降にご入部された場合でも、写真部年会費は10,000円とさせていただきます【定員】 20名 ※募集定員は抽選でのお申込みが可能な人数ですのでご注意ください※お申込みの流れ※1ご希望の写真部の参加申込みをこちらのページからお願いいたします。※定員以上のお申込みがある場合には抽選とさせていただきます。2参加申込み完了後、1月15日までに抽選結果をメールにてご案内いたします。3当選された方へは各回の申込案内をお送りいたしますので、参加ご希望の回をお申込みください。

会員価格:10,000円(税込)

通常価格:15,000円(税込)

詳細はこちら

旧東海道に今も残る400年の「有松絞り」の歴史繁栄の象徴ともいえる「うだつ」や、粋な黒塀に見越しの松。往時を偲ぶ街並みを捉えます。屋根や軒先に吊るされたひな人形や古い町並みには桜も似合います。当時の人々が見せたかっただろう姿を想像しながら、見せどころを上手く狙いましょう。古い町並み巡りをしている方におすすめです。

春の善光寺カメラ散歩「牛にひかれて善光寺参り」と言われた仏教の聖地。参道の素敵な郵便局や仲見世通りを散策しながら、本堂までカメラスケッチすることで被写体探しや構図を学べます。写真を初めて年数の浅い人、お寺や神社を撮ってみたい人におすすめです。

●参加費は各回、PCC会員3,000円(税込)、一般4,500円(税込)  12月は座学+撮影会のため、PCC会員6,000円(税込)、一般7,500円(税込)※別途入場料などの料金がかかる場合がございます※第1回撮影会終了以降にご入部された場合でも、写真部年会費は10,000円とさせていただきます【定員】 20名 ※募集定員は抽選でのお申込みが可能な人数ですのでご注意ください※お申込みの流れ※1ご希望の写真部の参加申込みをこちらのページからお願いいたします。※定員以上のお申込みがある場合には抽選とさせていただきます。2参加申込み完了後、1月15日までに抽選結果をメールにてご案内いたします。3当選された方へは各回の申込案内をお送りいたしますので、参加ご希望の回をお申込みください。

会員価格:10,000円(税込)

通常価格:15,000円(税込)

詳細はこちら