中部地区の写真教室

  • :撮影実習
  • :座学
  • :初心者にオススメ

○戦国時代の古城で今は懐古園として、春は桜、秋は紅葉で親しまれている城址公園【こんな方におすすめ】 ○ 写真を始めて年数の浅い人 ○ 城址公園に興味のある人 【当日のお持物】 カメラとレンズ、お持ちの方はPLフィルター【講師からのメッセージ】  構図やアングルが学べます。小さな池に映り込む紅葉と錦鯉のコラボが撮れます。

橙色の紅葉が濃紺の山に映え、木々の緑に紅葉の赤が映えます。4色それぞれの補色の関係が見事です。写真の美しさの中には補色の関係があります。色の面白さをお伝えし、撮影いたします。【どんな場所か】 ○豊田市稲武の「どんぐりの里」の先に、紅葉の名所「大井平公園」があります。紅葉の美しさは「足助」に劣りません。  【こんな方におすすめ】 ○「足助」の様に広い範囲ではありません。歩行が少ない範囲に素晴らしい景色が存在しています。歩行に自信が無い方には打ってつけの撮影地です。  【講師からのメッセージ】                            紅葉の隠れた名所です。入賞作品の背色を見て、どこで撮影したのか気になり探した求めた場所です。「足助」とは異なった写真が撮れます。

 庭園のライトアップが水面にうつってとてもきれいです。幻想的な世界を長時間露光で撮影します。【どんな場所か】 ○ 中部地方最大の日本庭園。特に冬場をしのぐ雪吊りは本場兼六園から職人を招いての本格的な雪吊りは、期間限定でライトアップされ、幻想的な景色は息をのむばかりです。  【こんな方におすすめ】 ○ 長時間露光による夜景撮影をマスターしたい方におすすめです。ライトアップ前には滝の流れのスローシャッター撮影も楽しめます。 【当日のお持物】 NDフィルターご持参の方、お持ちください。三脚は必須です。 【講師からのメッセージ】 夜景撮影は、お好みの撮影方法(オート・S・M)で撮影します。長時間の講師の独占はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

流れる滝を、はじけて跳んで撮ったり、綿のように撮ったり、色々な滝の撮り方を学びます。滝がいくつもあり、紅葉と滝のコラボがきれいです。【どんな場所か】 〇アクセスがよく駅からバスで行くことができます。○徳川家所縁の地に平成16年に開園した日本庭園です。滝や渓流を配した園内には都心と思えない風景があります。 【こんな方におすすめ】 ○静止画から動く物を捉えることに興味のある方、お勧めです。滝の流れ・渓流の流れ・鯉の動き等、微妙な動きの変化を楽しむことができます。  【当日のお持物】 カメラ、レンズ、NDフィルター、三脚は使用禁止となりますが一脚は使用可能です。 【講師からのメッセージ】  郊外に行かなくても、滝と紅葉のコラボが都心で撮影できる少ないスポットです。腕を磨くにはうってつけの場所と思います。

●参加費は各回、PCC会員3,000円(税込)一般4,500円(税込)           6月・10月は PCC会員6,000円(税込)一般7,500円(税込) ※8月撮影会を「講評会」に変更いたしました。日程:8月22日(日) 開催場所:小原田近辺の会場※参加費は、モデル料金・スタジオ使用料などを含んだ金額です ※別途入場料などの料金がかかる場合がございます※第1回撮影会終了以降にご入部された場合でも、写真部年会費は10,000円とさせていただきます【定員】 20名 ※下方にある「募集定員」の欄には抽選枠の定員のため50名と記載しております。※お申込みの流れ※1ご希望の写真部の参加申込みをこちらのページからお願いいたします。※定員以上のお申込みがある場合には抽選とさせていただきます。2参加申込み完了後、1月15日までに抽選結果をメールにてご案内いたします。3当選された方へは各回の申込案内をお送りいたしますので、参加ご希望の回をお申込みください。

会員価格:10,000円(税込)

通常価格:10,000円(税込)

キャンセル待ち

詳細はこちら