愛知県の写真教室

  • :撮影実習
  • :座学
  • :初心者にオススメ

●参加費は各回、PCC会員3,000円(税込)、一般4,500円(税込)※別途入場料などの料金がかかる場合がございます※第1回撮影会終了以降にご入部された場合でも、写真部年会費は10,000円とさせていただきます【定員】 30名※お申込みの流れ※1ご希望の写真部の参加申込みをこちらのページからお願いいたします。※定員以上のお申込みがある場合には抽選とさせていただきます。2参加申込み完了後、1月中旬までに抽選結果をメールにてご案内いたします。3当選された方へは各回の申込案内をお送りいたしますので、参加ご希望の回をお申込みください。

会員価格:10,000円(税込)

通常価格:15,000円(税込)

申込受付終了しました

詳細はこちら

 空席が少なくなっています。

ポートレート撮影入門・愛知(4/7)

 どうやって撮ろうポートレート撮ってみたいが機会がなかったポートレートを、テキストを使った座学と室内での簡単な実習で、撮るための基本的なポイントを学べます。 カメラの操作がよくわからない方も大歓迎、まずは納得の1枚を目指します。ポートレート撮影に初めて挑戦したい方の参加をお待ちしております。 ※初心者を対象とした講座になります。 ※別途モデル代500円がかかります

家康生誕の地に咲く「五万石の藤」を岡崎城に添えて岡崎公園南側の乙川堤防沿い(康生町)にある1,300平方メートルの藤棚。花房が長く、見事な紫色の花が広がります。 藤は「岡崎市の花」でもあります。 岡崎城に藤を添えて撮ってみましょう。 藤の花は、ボケ写真で優しく表現することが学べます。  藤の花に岡崎城を添えて、ボケ具合の調整と主役・脇役の構図つくりを学びます。 有名な場所なので、あえて少し早い時期の開催です。新鮮な花をじっくり撮影していただきます。

空席僅かです、お急ぎください。

実践!!ポートレート撮影・愛知(4/21)

 春の公園でお散歩ポートレート撮影地の雰囲気を活かしながらポートレート撮影を行います。 撮影ポイントごとに簡単な説明を行いますので、それを参考にしたポートレート撮影に挑戦します。上手く撮れた写真などは参加者同士で見せ合いながら楽しく撮影しています。いつもとは違う視点でのポートレート撮影を行ってみたい方の参加をお待ちしております。  ※別途モデル代1000円がかかります

ユネスコ無形文化遺産山車祭りで表現する「動と静」室町時代頃より半田市亀崎に伝わる「潮干まつり」では、海より山車を引き上げる男の戦いが見られます。砂に着込む草鞋(わらじ)の足、山車や若衆の動きを感動が伝わる撮影技法で表現します。 特に諏訪立川流の最高傑作と称される力神車の壇箱彫刻「力神」は、露出演出で更に見事に表現できます。 広角・望遠を使い分け、高速・スローで祭りの動きを表現します。 彫刻の力作では光の演出を学びます。

あらゆるシーンで待ち受ける5万株の紫陽花山肌から山裾にかけて雄大に紫陽花で埋め尽くされた「あじさいの里」。補蛇ヶ池に咲いている東海随一と云われる紫陽花は圧巻の一言です。メインの仰角撮影の場所は、眼前が全て紫陽花です。想像以上でキット驚かれることでしょう。 池の水面とのコラボや、俯瞰・仰角とカメラアングルとイメージつくりに胸躍ります。初心者の方でマクロ撮影や構図に悩んでいる方にお勧めします。 *別途入場料(300円)がかかります

写真を趣味にしていると、家族や友だちから撮り方を聞かれることありませんか?なんとなく頭ではわかっていても、わかりやすく教えるのはむずかしいものです。専門用語を使わずに日常の言葉を使い、簡潔に伝える方法を伝授します。この「教え方」がわかれば、自分の写真もスキルアップすること間違いなし!