第1回 気持ちよく撮るなら、独占よりも譲り合い

第1回  気持ちよく撮るなら、独占よりも譲り合い

人気の撮影スポットでは多くのカメラマンが集まります。

後ろに人が待っていないかどうか配慮して、撮ったら譲るのがスマート。

お互いの配慮が気持ちのよい撮影につながります。


!こんなことがありました!

夜明け前のサクラの大木の前で、三脚で場所取り。

最前列に三脚を置いて、車で暖を取っていた人が三脚に戻ってきました。

二列目の人は

「おれはここで1時間前から居る。前に立たれると困る」と主張。

一方で最前列に三脚を置いていた人は

「おれは3時間前から三脚を置いていた」と言い合いになり、

険悪ムード漂う中、太陽が昇り撮影スタート。

これではいい写真も撮れませんよね。

では、どうすればよかったのでしょう?

お互いに左右に少しずつずれて撮りやすくしたり、

撮ったら前後交代したり、人のことを思いやる心があれば、

自然と打ち解けあえるはずです。

まずは笑顔で「おはようございます!

私もここから撮らせていただきますので、よろしくお願いします!」

と声を掛け合うことがおすすめです。



 このページをシェアして広めてください♪


Eメールでのお問い合わせ

問い合わせフォーム

担当者よりEメールにてご対応します

お電話でのお問い合わせ

03-3230-2605

平日10:00~18:00 土・日・祝休