フォトインストラクター認定講座<オンライン受講>


日本写真講師協会認定のフォトインストラクターになって
写真を撮る楽しさを多くの人に伝えませんか。

フォトインストラクター認定講座では、講師として、
写真をはじめたばかりの人にもわかりやすく、
「どう撮りたいか」に応じた撮影 法を指導できる
ようにするカリキュラムが受けられます。

座学
写真の基本、正しいカメラの構え方・三脚の使い方、撮影マナーの伝え方、
専門用語を使わない教え方、作品講評のポイント、比較作例ツールづくり
印象深く覚えられる説明の仕方、講座運営テクニック、 など
 
撮影実習
撮影実習(教えるための基本を学ぶ)、課題撮影、
写体の見つけ方・光の見方、講師としての実地練習 など
 
課題
作品講評実践、写真教室リハーサル など

<オンライン受講>・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【開催日程】 時間はすべて10:00~17:00
 第1回   9月 3日(土)座学・撮影実習 
 第2回  10月 1日(土)座学
 第3回  10月29日(土)座学・撮影実習
 第4回  11月19日(土)座学
 第5回  12月10日(土)座学 

※講座ごとに課題の提出(郵送)がございます。

※撮影実習について

  ① 座学講座の内容を活かして各自撮影となります

  ② 後日写真をご提出いただきます

  ③ 撮影実習(大阪現地開催分)のレポートを後日メールでお送りします

※認定可否を決める実技テストもオンラインで行います。


接続や使い方がご心配な方は、Zoom練習会にご参加ください。

PCC事務局がやさしく・わかりやすく使い方をお伝えします。


【会場】
 全5回 オンライン(Zoom)

【受講料】60,000円(税込)【定員】会場15名

【受講資格】
基本的な撮影方法、一眼カメラの使用方法を理解されている方
安:フォトマスター検定(国際文化カレッジ)2級程度の知識
フォトマスター検定の資格取得は必須ではありません

【認定までの流れ】
1)認定講座5回1クールを全回受講後、講師が総合判定
2)合格者には認定証、名刺、名札を贈呈。JPIO WEBサイトでご紹介

●各階に写真講評の練習や写真プリントの提出などの課題があります。
●5回すべて受講できない場合には認定判定の対象外となります。
  その場合にもご返金はできません。
●認定後に実地経験を増やすために、撮影会・講座の見学や
  アシスタントをしていただくステップアップ制度もあります。
●日程や内容は変更になる場合があります。

【講師】
写真家 徳光ゆかり先生
(一社)日本写真講師協会 顧問
富士フイルムイメージングフォトゼミ講師、日本橋三越 カルチャーサロン講師、NHK文化センター講師。国際文化カレッジ主催「総合写真展」審査、フォトコンテスト誌月例審査など


参加された方の声・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真の楽しさを人に伝えたいと思って
定年前に受講しました。
まっさらな気持ちで『写真』に取り組み、
この歳になってもこんなに学ぶことがあった!と、
厳しくも愉しい時間でした。

講師になるための講座なので課題も多く、
途中で心が折れそうになったこともありました。
しかし、最後まで頑張ってよかったです。
受けている皆さんと一緒に頑張れたことで、
皆さんとの絆もできたことが財産です。

お申込み
写真の「教え方」を真剣に学べる講座
フォトインストラクター認定講座


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2021年に「フォトインストラクター認定講座」受講後、
現在、講師活動をスタートされている吉野努講師インタビュー

Q. 認定講座を受講する前は、講師活動へのイメージは持っていましたか?

A. 受講前は具体的な講師のイメージは持っていませんでした。

   「インストラクター資格がほしい」という気持ちだけで受講しました

 

Q. 認定講座を受講して感じたことはどんなことでしたか?

A. 真剣に写真に取り組むプロの姿勢を見て感銘を受けました。

   人に写真技術を教える面白さに気づくことができました。

   認定講習で真剣に写真に取り組む仲間ができました。

 

Q. 認定後、どんな計画を立てましたか?

A. 自分の居住地では、キタムラPCC教室がない状況だったので、

   開拓してみようと考えました。

   勉強として大阪の川瀬講師や、神奈川の光川講師など

   先輩講師のセミナーに参加しました。

   教室の企画は事務局のアドバイスを受けながら作成しています。

   最初は参加者が少なくても継続すれば増えてくると考えています。

 

Q. どのようなペースで講師活動をしていますか?

A. 月に1回以上PCC教室を企画して開催しています。

   オンライン教室も4月から月1回開催します。

 

Q. 講師活動をしていてどんなことを感じますか?

A. 写真を通して人々と出会いがあることが楽しいと感じます。

   緊張感をもって写真に取り組み、

   他人の役に立っているという喜びがあります。

   人に教えることは難しさもありますが、

   受講生に感謝されるのは嬉しいです。

 

   認定後はメールにて企画作成のアドバイスや

   教室運営の細やかなサポートが受けられるので安心ですし、

   認定後も講師セミナーのような専門性を高める研修が充実しています。


  写真教室で講師活動をしている吉野講師

  吉野教室風景1.jpgヨッシー先生プロフィール写真小.jpg

Eメールでのお問い合わせ

問い合わせフォーム

担当者よりEメールにてご対応します

お電話でのお問い合わせ

03-6258-1063

平日10:00~17:00 土・日・祝休